コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉢返し はちがえし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉢返し
はちがえし

尺八楽の古典本曲の曲名。虚無僧托鉢中に米銭喜捨を受けたとき,その返礼として吹く曲。琴古流では,『一二三鉢返調 (ひふみはちがえしのしらべ) 』の一部分になっているが,明暗流では『鉢返曲 (はちがえしのきょく) 』として独立し,「一二三調」と別々になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はちがえし〔ハチがへし〕【鉢返し】

尺八曲の一。虚無僧が托鉢(たくはつ)して布施を受けたとき、返礼として吹く曲。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はちがえし【鉢返し】

尺八楽の古典本曲の一曲。曲名は江戸時代の虚無僧(こむそう)の托鉢(たくはつ)の習慣に由来する。すなわち,托鉢中に米や金などの喜捨を受けてその入れ物(鉢)を相手に返す際に,虚無僧は頭を下げて挨拶することはなく,その代りにこの曲を吹奏するものだったという。作法は同様でも吹奏曲は虚無僧寺の系統により異なるので,いくつかの流派に同名の異曲が伝わっている。明暗対山流では《鉢返し曲(はちがえしのきよく)》と呼び,短くても独立した一曲として扱う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はちがえし【鉢返し】

尺八曲の一。普化ふけ僧が托鉢で米穀や金銭を受けたとき、その返礼として奏する曲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鉢返しの関連キーワード金銭米穀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android