コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明暗流 みょうあんりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明暗流
みょうあんりゅう

尺八楽の流派。「めいあんりゅう」ともいう。宗教性を離れた音楽としても行われる尺八楽 (琴古流,都山〈とざん〉流など) に対し,虚無僧尺八の伝統を堅持しようとする流派。普化宗 (ふけしゅう) 所伝の曲のみを奏し,他の楽器との合奏などは行わない。普化宗本山だった京都の明暗寺の名を取る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みょうあん‐りゅう〔ミヤウアンリウ〕【明暗流】

尺八の流派名。広義には、普化(ふけ)宗の伝統を守り、古典本曲を伝承する諸派の総称。狭義には、普化宗の本寺である京都の明暗寺に伝承された尺八の芸系の通称。幕末から明治初期の明暗真法(じんぽう)流、明治中期以降の明暗対山(たいざん)流に受け継がれている。

めいあん‐りゅう〔‐リウ〕【明暗流】

みょうあんりゅう(明暗流)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

明暗流【めいあんりゅう】

尺八の流派名。〈みょうあんりゅう〉とも。1871年普化宗の廃止後,京都の明暗寺を拠点として活躍した樋口対山(ひぐちたいざん)〔1856-1914〕によって名乗られた流派。
→関連項目尺八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みょうあんりゅう【明暗流】

めいあんりゅう【明暗流】

〔「みょうあんりゅう」とも〕
尺八の流派名。広義には、普化ふけ宗(虚無こむ僧の宗派)の曲目を伝承する諸派、狭義には、それらの中で特に明暗対山たいざん流をさす。後者の流祖は、明治中期に京都の明暗寺を本拠として活躍した樋口対山である。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の明暗流の言及

【尺八】より

… これら近代諸流に対して,普化宗以来の伝統を重んじて琴古流本曲以外の古典本曲の伝承を続ける人々がある。その芸系は多岐に分かれているが,便宜的な総称として明暗流または明暗諸派などと呼ばれている。明治初年から昭和30年ごろまでは外曲がとくに盛んだったため,明暗諸派の古典本曲はあまり知られない存在だったが,今日では尺八楽本来の曲種として大いに注目されつつある。…

※「明暗流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明暗流の関連キーワード明暗流(みょうあんりゅう)明暗流(めいあんりゅう)酒井 竹保(2代目)樋口 対山兼友 西園石原 無堂鶴の巣籠鹿の遠音塚田 豊都山流阿字観三虚霊鉢返し宗派本拠本手本曲流祖