鉱水(読み)コウスイ

  • こうすい クヮウ‥
  • こうすい〔クワウ〕

大辞林 第三版の解説

鉱物質を特に多く含む湧泉ゆうせんからの水。鉱泉水。
鉱山の坑内や製錬所から排出される鉱毒をもつ水。鉱毒水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普通の水とは物理的、化学的性質を異にする天然の特殊な地下水。日本では湧出(ゆうしゅつ)口の水温が25℃以上の温水、または25℃以下であっても1キログラム中に1000ミリグラム以上の溶存物質を含むか、ガスや特殊な物質を含む鉱水を温泉水と定めている。その医療効果のため外国では鉱水の飲用が盛んである。[榧根 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 多量の鉱物質を含む水。鉱泉水。〔医語類聚(1872)〕
② 鉱山の坑内または製鉱所などから排出する鉱毒を含む水。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android