コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱毒 こうどくtoxicant from waste minerals

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱毒
こうどく
toxicant from waste minerals

鉱山,金属精錬所における鉱物処理の廃水・排煙中に含まれる有物質。廃水中の高濃度の硫化物重金属など,排煙中の硫黄酸化物や重金属などがおもな成分となる。廃水は灌漑水に混ることによって作物に被害を与える場合が鉱害としていちばん大きく,足尾銅山渡良瀬川流域の鉱毒事件はその典型。別子銅山の排煙も一時問題となった。また,三井金属鉱業による富山のイタイイタイ病,東邦亜鉛安中精錬所によるカドミウム米などでは企業責任をとらされた。鉱毒による汚染は蓄積が長期にわたることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鉱毒【こうどく】

鉱山の排煙,坑内水,選鉱・製錬所廃水や,ぼた山廃滓(はいさい)の崩壊などによる流出毒物で生ずる害。鉱害の一つ。銅,鉛,亜鉛,ヒ素,硫化鉱鉱山で,亜硫酸ガスによる人畜,農作物,山林などの受ける煙害,廃水中の酸性物質,重金属分などによる河川・海の水質と魚介類の汚染で生ずる人畜,水田,水産資源などの被害が主。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうどく【鉱毒】

鉱物の採掘,精練に伴って排出される毒物のこと。生産活動をやめた廃坑などから流出する地下水にも多量に含まれている場合もある。二酸化硫黄フッ化水素,塩素,重金属の微粒子などが気流によって,銅,ヒ素,カドミウムなどが水流によって運ばれる。前者では風向きや風速,粒子の大きさ,地形などによって鉱毒物質の分布が違ってくる。後者では水系を通じて水田や都市用水を汚染させる。瀬戸内海の四阪島や直島の周辺では排煙による二酸化硫黄などで,栃木県の渡良瀬川流域では廃水や洪水による銅で,群馬県の安中では排水と排煙によるカドミウムで被害を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうどく【鉱毒】

鉱物の採掘・製錬の過程に出る廃棄物に含まれる毒物。 「 -事件」 → 鉱害

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱毒
こうどく

鉱山あるいは製錬所によって引き起こされる水質汚濁や土壌汚染などでの原因物質の総称。今日ではカドミウム、亜鉛、銅、ヒ素、硫酸イオンなど原因物質を個別に具体的に問題とすることが多く、鉱毒という表現が用いられることは少ない。しかし数十年に及ぶ歴史をもつ事件(足尾銅山鉱毒事件など)では鉱毒という用語が定着しているほか、被害の深刻さ、複雑さを強調して被害住民の側から用いられることがある。[加藤邦興]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鉱毒の言及

【鉱山】より

…自然環境の破壊には,採掘そのものによる破壊と,その結果として起こる周辺の水系における変化によるものとがある。この水に対する影響は,とくに日本のように水田稲作のさかんなところでは重大で,鉱廃水中の銅イオンによる水稲の生育不良が問題となった足尾鉱毒事件,同じく排出水中のカドミウムが原因とされた神通川流域のイタイイタイ病問題などが知られている(〈鉱害〉〈鉱毒〉の項参照)。 なお日本では,鉱山の諸活動は鉱業法,採石法,鉱山保安法等の法律の適用を受けている。…

※「鉱毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉱毒の関連キーワード群馬県邑楽郡明和町慢性ヒ素中毒症足尾から来た女谷中村滅亡史須永 金三郎足尾鉱毒事件渡良瀬遊水地潮田千勢子昆田文治郎堀田連太郎須永金三郎近藤陸三郎恩田 正一今村力三郎松本 英子飯田宏作田村紀雄中村鑑三内村鑑三松本英一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉱毒の関連情報