コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱石ラジオ コウセキラジオ

大辞林 第三版の解説

こうせきラジオ【鉱石ラジオ】

同調回路と鉱石検波回路のみから成る簡単な受信機。増幅回路はなく、イヤホンで聞く。鉱石式受信機。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱石ラジオ
こうせきらじお
crystal radio

方鉛鉱、黄鉄鉱、黄銅鉱などの鉱石の整流作用を利用して検波を行わせる、もっとも簡単な構造のAMラジオ受信機(AM=振幅変調amplitude modulation)。日本ではラジオ放送開始の1925年(大正14)から1930年代にかけて実用された。鉱石ラジオは、コイルと可変コンデンサーからなる同調回路で電波を捕捉(ほそく)し、鉱石に金属針または金属のスプリングを接触させ、その整流作用を利用して音声信号に復調し、イヤホンを働かせる。この受信機は安価であるが、機械的、電気的に不安定なこと、増幅作用をもたないため、スピーカーを駆動するほどの出力が得られないなどの理由から、真空管式ラジオにとってかわられた。さらにラジオ受信機は、半導体技術の発達により、他のエレクトロ機器とともにトランジスタ化、集積回路化へと進み、回路形式も直接検波方式からスーパーヘテロダイン方式にと発展し、今日に至っている。鉱石ラジオの欠点の一つである、鉱石と針の接触による不安定さは、この部分をゲルマニウムダイオードやショットキーバリアダイオードで置き換えれば解消される。ゲルマニウムダイオードを使った鉱石ラジオは、ゲルマラジオの名で広く使われた。鉱石ラジオは、放送電波の受信から音声信号が得られる過程を理解しやすいため、中学校における理科、職業の実習などで現在でも利用されており、趣味として楽しむ人も多い。また、電源いらずでラジオ放送を聞くことができるので、災害時に有用である。[木村 敏・金木利之・吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鉱石ラジオの関連キーワードシャープ(株)鉱石受信機鯨井恒太郎早川徳次環境発電イヤホン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉱石ラジオの関連情報