コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀行主義 ギンコウシュギ

デジタル大辞泉の解説

ぎんこう‐しゅぎ〔ギンカウ‐〕【銀行主義】

1830~40年代に英国で唱えられた、通貨論争における主張の一。銀行券は、正貨準備にかかわりなく銀行の自由裁量で発行しても、兌換(だかん)が維持されるかぎり、物価は騰貴しないという説。→通貨主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

銀行主義【ぎんこうしゅぎ】

1830年―1840年代に英国で行われた通貨金融に関する論争で,通貨主義に対立する見解。生産過程あるいは市場で取引される財・サービスを裏付けとして振り出される商業手形を銀行が割り引いて貸しつける,という形で銀行券を発行していくかぎり,通貨の過剰発行による物価騰貴は起こりえない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎんこうしゅぎ【銀行主義】

1830~40年のイギリスで、銀行券発行制度に関して主張された意見の一。通貨供給は、金準備によって拘束されずに、経済界の需要に応じて、銀行の自由裁量によって行われるべきであるとする説。 ↔ 通貨つうか主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀行主義
ぎんこうしゅぎ

銀行原理」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀行主義
ぎんこうしゅぎ
banking principle

1830~1840年代にイギリスで行われた通貨論争に際して通貨主義と対立した考え方。トゥックフラートン、ウィルソン、ニューマーチらによって主張された。銀行券の手形性を認識しつつ、通貨の量は物価の状態によって左右されると考え、発券規制は有害無益と説いた。[鈴木芳徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の銀行主義の言及

【通貨主義・銀行主義】より

…保有量減のときは流れが逆)の働きによって物価は安定し恐慌は避けられるというのである。 他方,銀行主義論者(銀行学派。T.トゥック,J.フラートン,T.ウィルソン,J.S.ミル)は,このようなメカニズムに懐疑的である。…

【発券制度】より

…それ以前,イギリスにおいてはイングランド銀行のほか多数の地方銀行がそれぞれに銀行券を発行しており,発行限度額や兌換(だかん)準備については各銀行の独自の判断に任されていた。しかし,1830年代の恐慌時に多額の金が国外に流出し,イングランド銀行の金準備が不足するに至り,発券制度のあり方について検討の気運が高まり,通貨主義と銀行主義(〈通貨主義・銀行主義〉の項参照)の両者の立場の間で激しい議論が起こった。このときは結局,銀行券の過剰発行を避けるため国家によって銀行券発行高を厳重に制限する必要があるとする通貨主義の立場から,イングランド銀行は正貨(金)準備に見合う金額のほか,1400万ポンドに限って国債などの有価証券を保証物権として保証発行fiduciary issueを行うという保証発行直接制限制度が採択された。…

※「銀行主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銀行主義の関連キーワード金融制度改革関連法サウンドバンキング国際復興開発銀行銀行券発行制度富士銀行[株]通貨供給方式地金論争商業銀行発券銀行発券制度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android