コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にょう

6件 の用語解説(鐃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


にょう

中国の体鳴楽器。「どう」とも読む。 鈸 (はち。銅 鈸) の大型のもの。日本では仏教で用い,次の2種がある。 (1) 球状で一文字の口が開き,先端が三鈷杵形をした柄をつけ,中に鈴子を入れて振鳴らす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にょう【鐃】

中国,朝鮮,日本の青銅製打楽器。〈どう〉ともいう。(かね)・銅鑼(どら)の類,(れい)類,銅鈸(どうばつ)類のいずれについても用いられた名称。古代中国では舌をもたない大型の鈴をいい,のちには舌をつけたものも指す。周・漢代には種々の合奏,とくに軍楽に用いた。その後,軍楽のほかに,仏教や道教の儀式音楽にも用いられたが,その多くは大型の銅鈸であり,古制の鈴類のものもみられた。宋以後仏教音楽の中で銅鈸のことを鐃と呼ぶようになり,これを銅鐃と称したこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くすび【鐃】

「くすみ(鐃)」に同じ。

どう【鐃】

にょう【鐃】

中国で、陣中で鼓を鳴らすのをやめさせるのに用いた、どら。大形の鈴に似るが舌がない。じんがね。どう。
仏寺で用いる銅鑼どらの一種。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【鐃】より

…その後,軍楽のほかに,仏教や道教の儀式音楽にも用いられたが,その多くは大型の銅鈸であり,古制の鈴類のものもみられた。宋以後仏教音楽の中で銅鈸のことを鐃と呼ぶようになり,これを銅鐃と称したこともある。明・清以後,戯劇の音楽や鑼鼓楽で用いる鐃は銅鑼である。…

【銅鑼】より

…中国,朝鮮の雲鑼(うんら)は,銅製の小鑼を十数個枠につるしたもの。日本の銅鑼(度鑼)は,中国から仏寺に伝わった鑼が広まったといわれ,仏教音楽で用いるものを特に鐃(によう)と呼ぶ。日本の銅鑼は,手あるいは木枠につるし,棒の先端を球状に布で包んだ桴で普通は外面の中央を打つ。…

【鈴】より

…密教法会で導師が用いるが,似た形状の鈴を御詠歌の伴奏にも用いる。この他,仏教楽器で鈴とも称されるのは,柄のついた球状の本体に一文字の割れ目があり,中の球が触れて音がする鐃(によう)(金鐃(こんによう))である。南都の悔過(けか)系法要で大導師や呪師などが用いる。…

※「鐃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone