コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦旗革命 きんきかくめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦旗革命
きんきかくめい

1930年代の右翼運動のスローガンであるが,具体的には 1931年 10月,荒木貞夫をかついで国家改造を企図した未発クーデター計画をさす。十月事件ともいう。橋本欣五郎長勇など陸軍将校を中心とし,民間からは大川周明らが参加した。軍首脳部の躊躇と分裂のために未発に終ったにせよ,これによって若槻内閣は退陣を余儀なくされた。この事件を契機として軍は政治的発言を強め,その後のクーデターを容易にする前例をつくった。なおこの事件は軍内部に「統制派」と「皇道派」とを分化させるなど,軍閥暗闘史のうえからも注目される事件であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんきかくめい【錦旗革命】

1930年代前半の日本ファシズム運動のスローガン。〈錦旗〉は赤地の布に日月を金銀でししゅうしたり,描いたりした旗のことで,南北朝時代ごろから朝敵征伐のときに天皇軍の標章として用いられたのにちなむ。明治維新になぞらえ,天皇をいただいた〈革命〉を唱えることにより,左翼勢力による〈赤化革命〉に対抗しようとした。とくに,大川周明と関係の深い全日本愛国者共同闘争協議会や,愛国勤労党新日本国民同盟などの団体が,〈天皇政治確立〉のための直接行動の意をこめてこの言葉を用いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

錦旗革命の関連キーワード桜会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android