コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長勇 ちょういさむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長勇
ちょういさむ

[生]1895.1.19. 三重
[没]1945.6.23. 沖縄
陸軍軍人。 1916年陸軍士官学校,28年陸軍大学校卒業。 29年参謀本部支那課勤務。 31年革新将校として三月事件参画首謀者の一人であったが,事件は軍部内で第2次世界大戦後まで秘密にされ,処罰されなかった。その後,上海派遣軍参謀,関東軍司令部付など歴任,44年沖縄防衛軍である第 32軍参謀長となり,45年に中将。同年6月牛島満司令官とともに自決

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長勇 ちょう-いさむ

1895-1945 大正-昭和時代前期の軍人。
明治28年1月19日生まれ。昭和5年橋本欣五郎らの桜会結成に参加。翌年革新派将校によるクーデターをくわだて失敗(十月事件)。日中戦争では中支那方面軍参謀,太平洋戦争では第三十二軍参謀長として沖縄戦にくわわり,昭和20年6月23日戦死した。51歳。中将。福岡県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長勇
ちょういさむ
(1895―1945)

大正・昭和時代の軍人。明治25年1月19日、福岡市外大川村に生まれる。1916年(大正5)陸軍士官学校、1928年(昭和3)陸軍大学校卒業。1929年参謀本部支那(しな)課に配属され、中国各地の駐在武官となる。1931年、二度に及ぶ少壮将校の秘密結社桜会のクーデター計画(三月事件、十月事件。いずれも未発)に参加し、十月事件では警視総監に擬せられたという。1937年7月日中戦争おこるや、8月上海(シャンハイ)派遣軍参謀、11月中支那方面軍参謀を兼ねた。大言壮語癖があり、南京(ナンキン)攻略戦の際、独断で軍命令を発し、鎮江(ちんこう)付近において中国軍捕虜30万人を虐殺させたと豪語した。1938年大佐、1939年少将、1945年中将に昇進。この間、歩兵第七四連隊長(朝鮮)、第二六師団参謀副長(蒙古(もうこ))、南方総軍参謀副長、第一〇師団歩兵団長(チャムス)などを経て、1944年沖縄守備第三二軍参謀長となる。1945年4月上陸のアメリカ軍と戦い、6月23日軍壊滅の際、自決した。[洞 富雄]
『秦郁彦著『昭和史の軍人たち』(1982・文芸春秋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長勇の関連キーワード橋本 欣五郎八原 博通沖縄の戦い錦旗革命

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長勇の関連情報