鍋島緞通(読み)なべしまだんつう

事典 日本の地域ブランド・名産品「鍋島緞通」の解説

鍋島緞通[染織]
なべしまだんつう

九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
久留米市で製作されている。江戸時代の17世紀末、佐賀の古賀清右衛門が、中国人から技術を習ったのが起源緞通とは、植物染料で染めた木綿糸をたてばた式の織機で手織りしたもの。江戸時代には佐賀・堺・赤穂などで生産された。現在、九州地方では久留米で生産が続けられ、蟹牡丹唐草文様などの伝統模様のもののほか、インテリア用の新しい製品も生産されている。福岡県特産民芸品。

鍋島緞通[染織]
なべしまだんつう

九州・沖縄地方、佐賀県の地域ブランド。
佐賀市で製作されている。江戸時代の元禄期、中国緞通の技法もとに始まった。精巧で雅趣に富んでいたことから鍋島藩はその生産を奨励し、御用品として一般の売買じた。明治以降、禁がとかれて発展した。佐賀県伝統的地場産品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典「鍋島緞通」の解説

なべしま‐だんつう【鍋島緞通】

〘名〙 肥前国(佐賀県)で織り出された綿織りの緞通。近世、中国の緞通の技法に従って創製、鍋島家で生産を奨励したところからの名。鍋島毛氈。鍋島。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鍋島緞通の言及

【絨毯】より

…材料には羊毛,綿,絹がある。大部分のパイル糸に羊毛が用いられているが,ペルシア絨毯の高級品のようにすべての材料が絹のもの,日本の鍋島緞通(だんつう)や赤穂緞通のようにすべて綿製のものもある。経糸やよこ糸には羊毛のほか,細く堅牢な綿もよく使われ,高級品には絹も用いる。…

【緞通】より

…西域から中国に伝わり,日本には室町時代に入ったが,当時の遺品はない。江戸時代に長崎で中国の製織技術を習得して始めた鍋島緞通,この影響下に生まれた堺緞通,赤穂緞通がある。絨毯【上田 敬二】。…

※「鍋島緞通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android