鏡石町(読み)かがみいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡石〔町〕
かがみいし

福島県南部,阿武隈川に沿う須賀川盆地の南端にある町。 1889年鏡田,久来石 (きゅうらいし) ,笠石,成田の4村が合体して鏡石村となり,1962年町制。久来石,笠石は,江戸時代,奥州街道沿いの宿駅として繁栄。中心地区は鏡石。第2次世界大戦中に疎開した製薬工場や弱電,車の部品関係の工場がある。阿武隈川沿いの低地は,古くからの水田地帯で,米作が盛ん。東部の桜町には,かつて岩瀬御料牧場 (現在の岩瀬牧場) があり,羽鳥用水の完成後は開田が進展した。 JR東北本線,東北自動車道,国道4号線が通る。面積 31.3km2。人口 1万2486(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏡石町の関連情報