コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘紡争議 かねぼうそうぎ

2件 の用語解説(鐘紡争議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かねぼうそうぎ【鐘紡争議】

1930年4~6月,鐘淵紡績(現,鐘紡)の八つの工場で発生した労働争議昭和恐慌期の代表的争議として知られる。恐慌下のこの時期,全産業にわたって倒産や賃金減額・人員整理があいつぎ,追いつめられた労働者は各工場で必死の反撃を試みた。争議件数も同参加者数も激増し,争議件数は31年に戦前のピークとなった。もっとも昭和恐慌期の争議は,中小零細経営で頻発したところに重要な特徴があり,大経営では紡績と石炭産業・都市公営交通部門のみに集中して争議が発生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐘紡争議
かねぼうそうぎ

鐘淵(かねがふち)紡績株式会社(のちカネボウ株式会社)各工場で起こった昭和恐慌期の代表的な労働争議。36工場約3万7000人の従業員を擁する鐘紡では、家族主義の名のもとに比較的安定した労使関係が維持され、労働運動の影響も及んでいなかった。しかし1930年(昭和5)4月5日、会社側が実質2割強の賃金引下げを発表したことから、従業員の間に動揺がおこり、隅田(すみだ)(東京)、京都、兵庫、淀川(よどがわ)(大阪)の各工場では大規模な争議に発展した。従業員側は、日本労働総同盟、日本労働組合総連合などの指導のもとによく闘い、世論も争議を支持したが、会社側の強硬姿勢は変わらず、6月4日までに、すべての工場の争議は敗北に終わった。[三輪泰史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鐘紡争議の関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone