コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘紡争議 かねぼうそうぎ

2件 の用語解説(鐘紡争議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かねぼうそうぎ【鐘紡争議】

1930年4~6月,鐘淵紡績(現,鐘紡)の八つの工場で発生した労働争議昭和恐慌期の代表的争議として知られる。恐慌下のこの時期,全産業にわたって倒産や賃金減額・人員整理があいつぎ,追いつめられた労働者は各工場で必死の反撃を試みた。争議件数も同参加者数も激増し,争議件数は31年に戦前のピークとなった。もっとも昭和恐慌期の争議は,中小零細経営で頻発したところに重要な特徴があり,大経営では紡績と石炭産業・都市公営交通部門のみに集中して争議が発生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐘紡争議
かねぼうそうぎ

鐘淵(かねがふち)紡績株式会社(のちカネボウ株式会社)各工場で起こった昭和恐慌期の代表的な労働争議。36工場約3万7000人の従業員を擁する鐘紡では、家族主義の名のもとに比較的安定した労使関係が維持され、労働運動の影響も及んでいなかった。しかし1930年(昭和5)4月5日、会社側が実質2割強の賃金引下げを発表したことから、従業員の間に動揺がおこり、隅田(すみだ)(東京)、京都、兵庫、淀川(よどがわ)(大阪)の各工場では大規模な争議に発展した。従業員側は、日本労働総同盟、日本労働組合総連合などの指導のもとによく闘い、世論も争議を支持したが、会社側の強硬姿勢は変わらず、6月4日までに、すべての工場の争議は敗北に終わった。[三輪泰史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鐘紡争議の関連キーワード加藤正人粟辻博岡本貞烋素野福次郎高橋高見津田信吾橋爪捨三郎藤江章夫武藤糸治吉田朋吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone