コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘紡争議 かねぼうそうぎ

世界大百科事典 第2版の解説

かねぼうそうぎ【鐘紡争議】

1930年4~6月,鐘淵紡績(現,鐘紡)の八つの工場で発生した労働争議。昭和恐慌期の代表的争議として知られる。恐慌下のこの時期,全産業にわたって倒産や賃金減額・人員整理があいつぎ,追いつめられた労働者は各工場で必死の反撃を試みた。争議件数も同参加者数も激増し,争議件数は31年に戦前のピークとなった。もっとも昭和恐慌期の争議は,中小零細経営で頻発したところに重要な特徴があり,大経営では紡績と石炭産業・都市公営交通部門のみに集中して争議が発生した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐘紡争議
かねぼうそうぎ

鐘淵(かねがふち)紡績株式会社(のちカネボウ株式会社)各工場で起こった昭和恐慌期の代表的な労働争議。36工場約3万7000人の従業員を擁する鐘紡では、家族主義の名のもとに比較的安定した労使関係が維持され、労働運動の影響も及んでいなかった。しかし1930年(昭和5)4月5日、会社側が実質2割強の賃金引下げを発表したことから、従業員の間に動揺がおこり、隅田(すみだ)(東京)、京都、兵庫、淀川(よどがわ)(大阪)の各工場では大規模な争議に発展した。従業員側は、日本労働総同盟、日本労働組合総連合などの指導のもとによく闘い、世論も争議を支持したが、会社側の強硬姿勢は変わらず、6月4日までに、すべての工場の争議は敗北に終わった。[三輪泰史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鐘紡争議の関連キーワード武装メーデー北東の風津田信吾

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android