コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑑識写真 かんしきしゃしん

1件 の用語解説(鑑識写真の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんしきしゃしん【鑑識写真】

司法,美術,考古学等の鑑定に供する写真。鑑定には経験と知識に基づいた鋭い洞察と判断が必要とされているが,さらに科学的な鑑定による実証性,客観性を欠くことはできない。その手段として,現在では写真のさまざまな機能を応用する鑑識写真が多用されており,いずれの場合も写真の記録性が重要な与件であることが共通している。犯罪や事故,災害,あるいは考古学的な発掘現場では,それが生起した生の状況を現場で検証し,推論するのが最上であるが,長時間の現状保存は多くの場合事情が許さない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鑑識写真の関連キーワードX線写真考古学紫外線写真歴史考古学産業考古学一粲に供する鑑定家鑑定官先史考古学河津山白

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone