コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川テル はせがわ テル

4件 の用語解説(長谷川テルの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川テル はせがわ-テル

1912-1947 昭和時代のエスペラント運動家。
明治45年3月7日生まれ。左翼運動にかかわり奈良女高師を退学。東京でエスペランチストの中国人留学生劉仁(りゅう-じん)と結婚。昭和12年中国にわたり,対日反戦放送に従事,民族解放をうったえた。昭和22年1月14日佳木斯(チヤムス)で死去。36歳。山梨県出身。筆名は緑川英子,ベルダ=マーヨ。著作に「たたかう中国にて」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわてる【長谷川テル】

1912‐47(大正1‐昭和22)
日本のエスペランチスト,反戦活動家。筆名,緑川英子,またはVerda Majo(ベルダ・マーヨ。エスペラントで〈緑の五月〉の意)。土木技師の娘として父の出張先の山梨県に生まれた。東京で育ち,奈良女子高等師範学校在学中の1932年ごろ,エスペラントを学ぶ。プロレタリア文化運動と関係したため検挙され,退学。東京へもどってエスペラントによる文学活動中に,エスペランチストの中国人留学生,劉仁(劉鏡寰)と結婚,日中戦争直前の37年4月,上海に渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はせがわてる【長谷川テル】

1912~1947) エスペランチスト。反戦活動家。山梨県生まれ。筆名、緑川英子。エスペラントを学び、左翼文化運動にかかわり検挙される。中国人留学生、劉仁と結婚。1937年上海に渡り、武漢・重慶で日本兵向け反戦放送に携わる。著「嵐の中のささやき」「戦う中国で」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川テル
はせがわてる
(1912―1947)

女性のエスペランティスト。山梨県生まれ。東京府立第三高女を経て1929年(昭和4)奈良女子高等師範学校に進学。在学中エスペラントを学び始め、32年には左翼文化運動に関与したかどで検挙され女高師を中退。帰京後エスペランティストたちと交流し、その1人中国人の劉仁(りゅうじん)と結婚した。37年4月劉仁を追って上海(シャンハイ)に渡り、日中戦争開始後さらに香港(ホンコン)、広東(カントン)、漢口を転々し、38年末から45年まで重慶に滞在、この間、抗日宣伝活動に従事、日本向けの反戦放送を担当し、日本の新聞紙上では「売国奴」として非難された。また、反戦・国際平和の立場から数々のエスペラントの作品を残した。47年佳木斯(チヤムス)で死去。[北河賢三]
『利根光一著『テルの生涯』(1969・要文社) ▽高杉一郎著『中国の緑の星 長谷川テル反戦の生涯』(1980・朝日新聞社) ▽宮本正男編『長谷川テル作品集』(1979・亜紀書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川テルの関連キーワード富士川游汽車村祭井田一郎伊藤ていじ川田侃北島正元小池正朝豊田実中塚明

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川テルの関連情報