事大党(読み)じだいとう(英語表記)Sadaedang

  • じだいとう ‥タウ
  • じだいとう〔タウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期政党別名を清国党という。その由来は第 16代仁祖 (在位 1623~49) 代以後,清国に事大の礼を取ったことによる。王妃閔 (びん) 氏や閔氏一派を中心とした守旧派で,要路の大官の大部分がこの党に入った。儒教的イデオロギーをもった大地主,官僚,地方儒生を基盤とし,清国の支持のもとに日本と対抗し,その政権維持をはかった。その後,壬の変 (→京城事変 ) で清の進出,日本の後退をみたが,その過程で独立党 (開化・親日派) ができた。以後,甲申の変 (1884) ,甲午の改革 (94) などの諸事変のなかで事大党と独立党の政権交代が相次いだが,「閔妃殺害事件 (→乙未事変 ) 」 (95) を契機に,事大党の党威は没落した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

朝鮮の李朝末期,対清協調(事大主義)によって李朝国家の存続を企図した一群の政治家をさす。金玉均らの開化派(独立党)と対立し,閔(びん)を中心とする閔氏一族らの国王外戚によって対清協調政策が推し進められた。閔妃【鶴園 裕】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

一八八二年壬午の変から一八九四年ごろにかけて、李氏朝鮮で、自主独立を主張する独立党に対して、大国である清(しん)に従属し、これを背景として勢力を拡張しようとした保守派のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

李氏朝鮮末期の保守的な党派
1882年壬午 (じんご) 軍乱で大院君 (たいいんくん) を退けたのち,閔妃 (びんひ) 一族を中心に結成。日本と結んで自主独立を主張する独立党に対し,伝統を守って大国の清に臣属しようとした。甲申 (こうしん) 政変でいっそう清に接近し,日清戦争に至るまで10年間政界を支配。のちロシアと結んだ。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

李氏朝鮮末期の保守的党派
明治初期,日本と結んで政治を革新しようとする独立党に対し,保守的政治家は清国を背景にして王妃の閔妃 (びんひ) を中心に権勢温存をはかった。この勢力が事大党で,1884年甲申事変ののち優勢であったが,日清戦争に清が敗北し,閔妃が暗殺されるとともに衰え,親露派に変わる者も多かった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の事大党の言及

【甲申政変】より

…朝鮮で1884年(甲申の年)12月4~6日,守旧派政権に対するクーデタによって開化派が奪権を企図した政変。守旧派は清国との伝統的な事大=宗属関係によって旧体制を固執したことから事大党といい,開化派は清国との事大=宗属関係からの独立によって国政の革新をはかったことから独立党ともいう。封建制度を残したまま資本主義列強に開国した(1876)朝鮮にとって,国内体制の近代的改革は焦眉の問題となった。…

※「事大党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android