コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事大党 じだいとうSadaedang

6件 の用語解説(事大党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事大党
じだいとう
Sadaedang

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期の政党,別名を清国党という。その由来は第 16代仁祖 (在位 1623~49) 代以後,清国に事大の礼を取ったことによる。王妃閔 (びん) 氏や閔氏一派を中心とした守旧派で,要路の大官の大部分がこの党に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

事大党【じだいとう】

朝鮮,李朝末期の守旧的党派。閔氏(びんし)一族を中心とし,清に従属してその援助により政権の維持を図った。1882年壬午(じんご)軍乱によって,日本と結ぶ開化派(独立党)を圧し政権を獲得したが,日清戦争の後は衰えた。
→関連項目大阪事件甲申政変閔妃暗殺事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じだいとう【事大党】

朝鮮の李朝末期,対清協調(事大主義)によって李朝国家の存続を企図した一群の政治家をさす。金玉均らの開化派(独立党)と対立し,閔(びん)妃を中心とする閔氏一族らの国王外戚によって対清協調政策が推し進められた。閔妃【鶴園 裕】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じだいとう【事大党】

朝鮮王朝末期において、自主独立を主張する開化派(独立党)に対し、清に従属することで朝鮮王朝の存続を図った保守派。日清戦争での清の敗北後解体。 → 事大主義

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の事大党の言及

【甲申政変】より

…朝鮮で1884年(甲申の年)12月4~6日,守旧派政権に対するクーデタによって開化派が奪権を企図した政変。守旧派は清国との伝統的な事大=宗属関係によって旧体制を固執したことから事大党といい,開化派は清国との事大=宗属関係からの独立によって国政の革新をはかったことから独立党ともいう。封建制度を残したまま資本主義列強に開国した(1876)朝鮮にとって,国内体制の近代的改革は焦眉の問題となった。…

※「事大党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone