コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関屋敏子 セキヤトシコ

4件 の用語解説(関屋敏子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきや‐としこ【関屋敏子】

[1904~1941ソプラノ歌手・作曲家。東京の生まれ。東京音楽学校中退。三浦環(たまき)に師事。イタリアに留学し、欧米各地で活躍。帰国後は、作曲や公演活動なども行った。38歳で自殺。作品に歌曲「野茨(のいばら)」、歌劇「お夏狂乱」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関屋敏子 せきや-としこ

1904-1941 大正-昭和時代前期のソプラノ歌手,作曲家。
明治37年3月12日生まれ。8歳から三浦環(たまき)に師事。昭和2年イタリアに留学,スカラ座のオーディションに合格,各地をまわる。帰国後,オペラ「お夏狂乱」,歌曲「野いばら」「浜唄」などを作曲,公演した。昭和16年11月23日自殺。38歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退。
【格言など】関屋敏子は,三十八歳で今散りましても,桜の花のようにかぐわしい名は永久消える事のない今日只今だとさとりました(遺書)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

せきやとしこ【関屋敏子】

1904~1941) ソプラノ歌手。東京生まれ。イタリアに留学、スカラ座に入団。三浦環たまきと並ぶ国際的名声を得たが自殺。オペラや歌曲の創作もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関屋敏子
せきやとしこ
(1904―1941)

ソプラノ歌手。東京生まれ。祖父はフランス貴族ジャンドル将軍で、15世市村羽左衛門(うざえもん)は母の兄にあたる。幼時、三浦環(たまき)に師事し、東京音楽学校中退後は、歌をアドルフォ・サルコリ、作曲を小松耕輔(こうすけ)に師事。27年(昭和2)ミラノに留学、スカラ座の試験に合格し、プリマドンナとして各地を巡り、29年に帰国。翌年、山田耕筰(こうさく)指揮・演出の『椿姫(つばきひめ)』に藤原義江(よしえ)と共演し、天性の美貌(びぼう)と美声で名声を博した。以後、欧米はじめ日本、アジア各地で精力的に演奏活動を行うかたわら、オペラ『お夏狂乱』、歌曲『野いばら』『浜唄(はまうた)』などを作曲した。37年柳生(やぎゅう)五郎子爵と結婚したが4年で協議離婚。オペラ『巴御前(ともえごぜん)』の作曲を未完のまま、昭和16年11月23日睡眠薬自殺を遂げた。[寺崎裕則]
『渡辺議著『関屋敏子の生涯』(1984・島田音楽出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関屋敏子の関連キーワード湯本求真大久保百合子小野重行古賀愛子富岡冬野内藤三郎中村要広岡宇一郎山田賀一渡辺七郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone