コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関門トンネル かんもんトンネル

6件 の用語解説(関門トンネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関門トンネル
かんもんトンネル

(1) 関門鉄道トンネル 本州と九州とを結ぶ海底鉄道トンネル。下関駅から彦島を通り,関門海峡大瀬戸をくぐり抜けて門司駅に通じる。全長は上り 3605m,下り 3614m。そのうち,1140mが海底の部分。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんもん‐トンネル〔クワンモン‐〕【関門トンネル】

関門海峡を通る海底トンネル。3本ある。山陽本線関門トンネルは彦島を通り、昭和17年(1942)に下りが、昭和19年(1944)に上りが開通。関門国道トンネルは昭和33年(1958)、山陽新幹線新関門トンネルは昭和50年(1975)開通し、それぞれ早鞆瀬戸(はやとものせと)の下にある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

関門トンネル【かんもんトンネル】

(1)JR山陽本線が関門海峡を横断する下関〜門司間にある日本最初の海底鉄道トンネル。並列する2本の単線型トンネルよりなり,1936年着工,1942年第1線(現在の下り線)完成,1944年第2線(上り線)開通。
→関連項目シールド工法門司[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんもんトンネル【関門トンネル】

関門海峡の海底下を通って山口県下関市北九州市門司地区を結ぶ海底トンネル。最初に造られた山陽本線用の鉄道トンネルの名称であるが,このほか関門海峡には道路用の関門国道トンネル,山陽新幹線用の新関門トンネルも建設されている。 現在の山陽本線は,当初から山陽鉄道会社によって建設され,1901年神戸~馬関(現,下関)間の全線開通と同時に関門鉄道連絡船による航路輸送が開始され,06年の鉄道国有化後も,長らく旅客は乗換えを,貨物は貨車航送を余儀なくされていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんもんトンネル【関門トンネル】

関門海峡にある海底トンネル。山陽本線の関門トンネル(下り1942年、上り44年)、山陽新幹線の新関門トンネル(1975年)、関門国道トンネル(1958年)の三つのトンネルがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関門トンネル
かんもんとんねる

本州と九州を隔てる関門海峡の海底を貫く、鉄道と国道のトンネル。[藤井 浩]

関門トンネル

山陽本線下関(しものせき)―門司(もじ)間の海底鉄道トンネルで、上り線延長3605メートル、下り線延長3614メートルの単線トンネル2本(内径7メートル)からなっている。このうち海底部分は1140メートル。下り線は1936年(昭和11)着工、1942年開通。上り線は1940年着工、1944年開通している。下関彦島(ひこしま)と当時の門司市小森江間の海底を貫通する日本最初の海底トンネルのため、欧米の水底トンネル技術を参考とし、丹那(たんな)トンネル工事で得られた技術経験が工事に活用された。地質軟弱箇所のトンネル工事には、シールド工法、潜函(せんかん)工法、圧気工法が採用されている。
 関門トンネルが開通した後、関門国道トンネル、東海道・山陽新幹線の新関門トンネルが建設された。[藤井 浩]

新関門トンネル

東海道・山陽新幹線新下関―小倉(こくら)間の長さ1万8713メートルの複線鉄道トンネル。1971年(昭和46)着工、1975年開通。関門海峡の最狭部の早鞆(はやとも)ノ瀬戸の海底下を通過しており、工期を短縮するため中間部に工事用斜坑を設け、7工区に分割施工している。トンネルの地質は花崗(かこう)岩、粘板岩、砂岩などで、山陽本線関門トンネル、関門国道トンネルなどの施工経験が加味され、底設導坑先進上部半断面掘削工法が採用されている。トンネル勾配(こうばい)は18‰(パーミル)と7‰のすり鉢型となっている。[藤井 浩]

関門国道トンネル

下関市椋野(むくの)付近から北九州市古城(こじょう)山付近に至る延長3461.4メートルの道路トンネル。トンネル断面は幅員7.5メートル2車線。内部は上段、中段、下段の3段に分かれ、上段は排気ダクト、中段は自動車道、下段は送気ダクトと一般歩行者道がある。1939年(昭和14)着工し、第二次世界大戦時および戦後の中断期間を経て、1958年開通している。このトンネルは自動車トンネルとしては延長が長いため、とくに自動車排気ガスの換気施設に留意されている。トンネルの位置は早鞆ノ瀬戸を通過しており、東海道・山陽新幹線の新関門トンネルとほぼ同位置。[藤井 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の関門トンネルの言及

【水底トンネル】より

…その後トンネル断面も大型化し,69年に完成したサンフランシスコ~オークランド間のバート・トンネル(複線鉄道,水底部延長5820m)は沈埋式による最長のものである。 日本の水底トンネルは1942年完成の関門海峡の関門トンネル(鉄道トンネル,水底部延長1140m)が最初であり,現在ではこの海峡には,このほか道路と山陽新幹線の二つのトンネルも作られている。大都市の地下鉄は60年以降建設が盛んとなり,河川,運河の横断も多く,圧気シールドやその他の工法で施工されている。…

※「関門トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関門トンネルの関連キーワード山口県下関市綾羅木山口県下関市有冨山口県下関市あるかぽーと山口県下関市小野山口県下関市壇之浦町山口県下関市延行山口県下関市豊前田町山口県下関市みもすそ川町山口県下関市山田山口県下関市吉田

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関門トンネルの関連情報