コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大瀬戸 おおせと

2件 の用語解説(大瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大瀬戸
おおせと

長崎県中部,西海市南部の旧町域。西彼杵半島西部にあり,松島その他の属島を含む。 1955年瀬戸町と多以良村,松島村,雪浦村の3村が合体して大瀬戸町が発足。 2005年大島町,西海町,崎戸町,西彼町と合体し西海市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大瀬戸
おおせと

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(大瀬戸町(ちょう))。現在は西海(さいかい)市の南西部を占める。旧大瀬戸町は1955年(昭和30)瀬戸町と多以良(たいら)村、松島村、雪浦(ゆきのうら)村が合併して成立。2005年(平成17)西彼(せいひ)町、西海町、崎戸(さきと)町、大島(おおしま)町と合併、市制施行して西海市となった。旧町域を国道202号が走る。多以良は古くは平とも書かれ、平家塚が祀(まつ)られ、雪浦では小松郷(こまつごう)に小松内府平重盛(しげもり)を祀る重盛塚があるなど、平家落人(おちゅうど)の伝説が多い。現在、中心集落は樫浦(かしのうら)で、松島炭田の開発とともに要津として栄え、近代的港湾施設も整い、福島との間の瀬戸は埋め立てられ、福島は陸続きとなった。家船(えぶね)(水上生活者)もまったくその姿を消している。松島は江戸時代には捕鯨基地として、大正時代には海底炭田の開発によって栄えたが、1934年(昭和9)の水没事故によって閉山。1981年には石炭専焼火力発電所の松島火力発電所(総出力100万キロワット)が運用を開始している。雪浦川上流には雪浦ダムがあり、河口には砂丘が発達、海水浴場に利用されている。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大瀬戸の言及

【関門海峡】より

…この海底部には関門国道トンネル(1958開通)と山陽新幹線の新関門トンネル(1975開通)が貫通しており,海峡をまたいで関門自動車道の関門橋(全長1068m,1973開通)も架かっている。海峡西口の彦島の南側は大瀬戸と呼ばれ,幅約1200m,潮流7ノットで,この海底部を山陽本線の関門鉄道トンネル(1942開通)が通っている。古くから西日本における海陸交通の要衝をなし,歴史上も源平の壇ノ浦の戦の舞台となり,幕末の馬関戦争の戦場となったことでも有名である。…

※「大瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大瀬戸の関連キーワード西海大島〈町〉西海〈町〉西彼〈町〉長崎県西海市西彼町風早郷長崎県西海市西彼町亀浦郷長崎県西海市西彼町小迎郷長崎県西海市西彼町喰場郷長崎県西海市西彼町鳥加郷長崎県西海市西彼町中山郷

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大瀬戸の関連情報