コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防振ゴム ぼうしんゴムrubber vibration isolator

4件 の用語解説(防振ゴムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防振ゴム
ぼうしんゴム
rubber vibration isolator

内部摩擦を利用し,振動の伝達防止や緩衝の目的に使用される加硫ゴム製品。特徴として,(1) 種々の形状に作成でき,いずれの荷重(圧縮,引っ張り,剪断)にも適用できる製品が得られる。(2) 内部摩擦が大きく(よくエネルギーを吸収すること),周波数(→振動数)とともに増大するので,共振(→共鳴)時の振幅が比較的小さく,サージング現象もほとんどみられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵miniの解説

防振ゴム

機械や構造物に伝わる振動を軽減したり、騒音を低減したりするためのゴム製品。船舶のエンジン鉄道車両の台車、産業機械モーターなどに使用される。用途に合わせて形状やゴム強度の異なる製品が多数製造されている。

(2015-10-16)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防振ゴム
ぼうしんごむ

振動や衝撃の伝達を防ぎ、または緩和させる目的で使われる加硫ゴム製品。ゴム製のばねということもできる。防振ゴムは、機械の運転に伴う振動あるいは衝撃が基礎に伝わるのを防止するのに使われる。ディーゼル発電機コンベヤー、鍛造機、油圧プレスなどを防振ゴムで支持するのはこの例で、振動による公害対策として広く使われている。またこれとは逆に、基礎の振動、衝撃が機械に伝えられるのを防止するのにも防振ゴムは使用される。鉄道車両の台車につけられているばね系、自動車懸架装置、精密工作機械の弾性支持などはこの例である。防振ゴムの形状は圧縮形、剪断(せんだん)形、複合形があり、目的により適宜使用する。防振ゴムは形状、寸法を適当に選ぶと上下、左右、前後の三方向のばね定数を希望の値にできる特徴がある。またゴムの内部摩擦は金属に比べて1000倍以上も大きいので、共振時の振幅を押さえたり、衝撃に伴う自由振動を早く減衰させるのにも都合がよい。とくに高周波振動を吸収する長所がある。しかし、耐高温・低温性に問題があり、油に浸すと膨潤するので、このような場合には耐油性ゴム(ウレタンゴムなど)を使用する配慮が必要である。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の防振ゴムの言及

【ばね】より

…単位体積当りに吸収できる振動エネルギーが大きいこと,構造が簡単なことが特色。(7)防振ゴム 金属ばねの代りに,ゴムの弾性を利用して防振に用いるもの。1個で2軸あるいは3軸方向の振動に対処することができ,取付けが容易であって,高周波振動に対する防振,防音効果に優れている。…

※「防振ゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防振ゴムの関連情報