コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久比町 あぐい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿久比〔町〕
あぐい

愛知県南部,知多半島の中央にある町。 1953年町制。戦国時代は阿久居または阿古居と書かれた。天文年間 (1532~55) 久松俊勝城地となり,やがて徳川家康の勢力下に入った。古くからの農村地帯で,知多木綿の生産地として知られたが,第2次世界大戦後は愛知用水灌漑により,ミカン,野菜などの栽培が盛ん。阿久比川流域では水田耕作が行われる。名古屋市や東海市などの臨海工業地帯の通勤圏内にあり,町の北半部の丘陵地では,住宅地化が急速に進んでいる。名古屋鉄道河和線が通る。面積 23.8km2。人口 2万7747(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

阿久比町の関連キーワード愛知県知多郡阿久比町阿久比愛知県知多郡阿久比町横松愛知県知多郡阿久比町福住愛知県知多郡阿久比町宮津愛知県知多郡阿久比町草木愛知県知多郡阿久比町板山愛知県知多郡阿久比町卯坂愛知県知多郡阿久比町椋岡愛知県知多郡阿久比町植大愛知県知多郡阿久比町白沢愛知県知多郡阿久比町矢高愛知県知多郡阿久比町萩エキノコックス阿久比町の要覧愛知県知多郡阿久比(町)ふれあいの森ほしいずみ竹内 昭夫松平定勝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿久比町の関連情報