コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知用水 あいちようすい

7件 の用語解説(愛知用水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知用水
あいちようすい

岐阜県南部の兼山の取り入れ口から木曾川の水を知多半島の南端まで導く用水路国土総合開発法に基づき,農業用水水道用水工業用水発電用水の確保を目的として愛知用水公団が 1957年に着工,1961年完成,第2次世界大戦後の中京圏発展の原動力となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

愛知用水

長野県の木曽川上流に牧尾ダムを造り、川の中流から110キロ先の知多半島先端近くまで水路を引いた。57年に着工して4年で完成した。当初は農業用水が主だったが、現在は上水道と工業用水が主になっている。

(2008-02-19 朝日新聞 朝刊 愛知全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あいち‐ようすい【愛知用水】

岐阜県南部の木曽川の兼山取水口から知多半島の先端に及ぶ用水路。長さ113キロ。昭和36年(1961)完成。上水道・工業用水・農業用水・水力発電に利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

愛知用水【あいちようすい】

岐阜県兼山(かねやま)で木曾川の水を取水し,名古屋東部の台地から知多半島南端に至る用水路。幹線水路延長113km,支線水路総延長1135km,兼山から1日最大29万m3を取水。
→関連項目大府[市]知多[市]東郷[町]常滑[市]半田[市]東浦[町]三好[町]八百津[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あいちようすい【愛知用水】

木曾川の水を濃尾平野東部の尾張丘陵知多半島へ送る多目的用水。木曾川上流御嶽(おんたけ)山麓に建設した牧尾ダム(長野県王滝村,三岳村。1961完成)を水源とし,中流の岐阜県八百津町兼山から取水して,尾張丘陵から知多半島一帯に農業,工業,上水道用水を供給する。灌漑用河川に恵まれない丘陵地のため干ばつに悩まされてきた知多半島に木曾川の水をひくという知多市の篤農家久野庄太郎らの長年の夢が政府に取りあげられ,1951年に農林省直轄調査事業となり,55年には愛知用水公団が設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あいちようすい【愛知用水】

岐阜県の兼山かねやま取水口から木曽川の水を取水し、愛知県の知多半島の先端に至る用水路。幹線延長113キロメートル。灌漑かんがい・上水道・工業用。1961年(昭和36)完成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知用水
あいちようすい

岐阜県南部から愛知県の知多(ちた)半島の先端に及ぶ大用水路。中部地方を流れる木曽(きそ)川の水を有効に活用し、大規模な農業開発を行うとともに、電力開発、上水道用水および工業用水の補給を目的としてつくられた。王滝(おうたき)川(木曽川の支流)の牧尾(まきお)ダム(長野県王滝村)に貯水し、必要に応じて木曽川に放流し、岐阜県八百津(やおつ)町にある兼山(かねやま)取水口から取水し、尾張(おわり)丘陵を経て、知多半島南端に達する。また、半島突端部から口径75ミリメートル、4600メートルの海底送水管を敷き、篠(しの)島、日間賀(ひまか)島、佐久(さく)島にも広域簡易水道事業によって給水された。幹線112キロメートル、支線延長1012キロメートル。総工費423億円。施行者は愛知用水公団で、1955年(昭和30)10月に設立された。1961年9月完成、工業用水は1961年12月から、上水道は1962年1月から、農業用水は1962年10月から通水した。建設資金は世界銀行(国際復興開発銀行)からの融資、技術提供をアメリカの会社(エリック・フロア社)から受け、最新の土木機械を使って進められた。これは後の豊川(とよがわ)用水にも大いに役だった。発想と事業推進の功労者は、久野庄太郎(くのしょうたろう)(知多市)と浜島辰雄(はまじまたつお)(当時、安城農林学校の教員)である。用水公団は、1968年水資源開発公団と統合(2003年独立行政法人水資源機構に移行)、その中部支社となった。
 当初は、農業用水のみの計画であったが、都市用水、工業用水など多目的利用となった。用水の利用区分は、2010年(平成22)には工業用水54%、農業用水20%、上水道用水26%で、工業用水が過半を占めている。一方、農業用水の灌漑(かんがい)面積は約1万ヘクタール、うち畑地灌漑面積は約1500ヘクタールで、当初計画からみると32%にとどまっている。元来これら受益地である尾張丘陵、知多半島は乏水性地域で、とくに知多半島は約1万3000余の大小溜池(ためいけ)によって、かろうじて農業を営んできた所である。愛知用水は乏水性を解消し、溜池をつぶして農地化するのが目的であったが、多くの溜池をつぶしたことは、その後の水害激化をもたらしたことは否定できない。工業用水の増加は、用水完成直前に名古屋市南部臨海工業地帯が造成され、用水沿線の水需要量が増加したためで、それに伴う人口増加で生活用水も需要増となった。一方、王滝発電所、下流15の発電所では出力が増強された。また、極度の水不足に苦しんでいた知多半島岬端(こうたん)の南知多町師崎(もろざき)をはじめとして離島の篠島、日間賀島、佐久島など3島では水不足も解消し、水産加工、観光開発が容易になった。
 その後、1981年度から2004年度(平成16)まで、水需要量の増大に対応するため、阿木(あぎ)川ダム、味噌(みそ)川ダム建設や、諸設備の拡充などの第二期事業が行われた。[伊藤郷平]
『酒井正三郎編著『愛知用水と地域開発』(1967・東洋経済新報社) ▽愛知用水公団・愛知県編・刊『愛知用水史』全2冊(1968) ▽NHKプロジェクトX制作班編『プロジェクトX挑戦者たち15 技術者魂よ、永遠なれ』(2002・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛知用水の関連キーワード木曾川犬山[市]尾張旭[市]柳津[町]木曾川〈町〉尾張平野十四山[村]立田[村]八開[村]尾張丘陵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛知用水の関連情報