コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波しじら あわしじら

世界大百科事典 第2版の解説

あわしじら【阿波しじら】

綿織物の一種で,縮のような感触をもった夏の着尺地(きじやくじ)。阿波国(徳島県)特産の正藍染の糸で織ったものが本来だが,近年は藍だけでなく,自由な色づかいによるものも生産されている。織物としての特徴は布面に独特の〈シボ〉と呼ばれる凹凸があることだが,これが生ずるのは,織物の組織を平織と緯畝(ぬきうね)織とを交互に配した混合組織としているからである。つまり,製織後湯通しをすると糸に加えたのりが落ちて経糸が収縮するが,その際平織の部分と緯畝織のところとでは縮み方が違い,緯畝織のほうが組織が粗いため平織の部分より縮み方がいちじるしくなり,そこに〈シボ〉が生ずるわけである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿波しじら
あわしじら

阿波(徳島県)で織り出される縮(ちぢみ)のような地合(じあ)いを出した綿織物。「しじら」とは、糸の張力の不均衡を利用し、皺(しわ)状(しぼ)の織面にしたもの。創始者は海部(かいふ)ハナ(1831―1911)で、寛政(かんせい)年間(1789~1801)ごろから織られていた、縞(しま)木綿の賃織りをしていたが、筬(おさ)一羽に経(たて)二筋のものを、部分的に三筋にして織り、熱湯をかけたのち天日に干すと、生地に自然なしぼが出ることを考案、太物問屋安部重兵衛が商品化し一手販売した。初め「たたえ織」(阿波の方言で経糸を引っ張ること)とよばれ、1870年(明治3)「阿波しじら」と命名された。最盛期は大正期であるが、現在でも土地の阿波藍(あい)をおもに使い、安価な綿織物として需要も多い。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿波しじらの言及

【縮】より

…綿縮は明和(1764‐72)から天明(1781‐89)のころ,千葉の漁師たちの間で川越縞を模して波崎縞が織られていたが,強撚糸使いの縮が創製され,のち銚子縮として広まったのが始まり。寛政年間(1789‐1801)には阿波しじらがつくられた。縬間道(しじらかんとう)は縮んだ白地に黒茶の吉野縞が入り,名物裂(めいぶつぎれ)として知られている。…

【徳島[県]】より

…近世の船大工の伝統を継ぐ木工業が盛んで,なかでも阿波鏡台は全国に市場をもち,地場産業第1位の生産額を占める。また,明治初期に藍と結びついて発明された徳島独特の綿織物阿波しじらがある。近年,吉野川下流部は阪神市場向けの近郊農業地域となり,那賀・勝浦両川流域にも商品作物の導入が進んでいる。…

※「阿波しじら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿波しじらの関連キーワード阿波しじら織(阿波正藍しじら織)阿波縮綿織物縬織

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android