コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波鳴門物 あわのなるともの

1件 の用語解説(阿波鳴門物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あわのなるともの【阿波鳴門物】

人形浄瑠璃,歌舞伎の一系統。夕霧・伊左衛門の情話に,阿波のお家騒動や阿波十郎兵衛の伝説をからませたもの。1678年(延宝6)1月6日,27歳で没した大坂新町扇屋の遊女夕霧と,その馴染客藤屋伊左衛門との恋愛を脚色した戯曲は多い。夕霧伊左衛門物呼ばれる。夕霧に執心した客に,大坂の阿波屋某がいた。この実説の〈阿波の大尽〉にヒントを得て,夕霧伊左衛門劇は,阿波のお家騒動や,放蕩して盗賊となり巡礼を殺したという阿波十郎兵衛の伝説などと結びつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone