コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波鳴門物 あわのなるともの

1件 の用語解説(阿波鳴門物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あわのなるともの【阿波鳴門物】

人形浄瑠璃,歌舞伎の一系統。夕霧・伊左衛門の情話に,阿波のお家騒動や阿波十郎兵衛の伝説をからませたもの。1678年(延宝6)1月6日,27歳で没した大坂新町扇屋の遊女夕霧と,その馴染客藤屋伊左衛門との恋愛を脚色した戯曲は多い。夕霧伊左衛門物呼ばれる。夕霧に執心した客に,大坂の阿波屋某がいた。この実説の〈阿波の大尽〉にヒントを得て,夕霧伊左衛門劇は,阿波のお家騒動や,放蕩して盗賊となり巡礼を殺したという阿波十郎兵衛の伝説などと結びつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿波鳴門物の関連キーワード義太夫隅田川物人形浄瑠璃歌舞伎浄瑠璃小さん金五郎碁盤忠信浄瑠璃狂言夕霧伊左衛門吉田屋淡路人形浄瑠璃

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone