コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳洪綬 ちんこうじゅChen Hong-shou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳洪綬
ちんこうじゅ
Chen Hong-shou

[生]万暦27(1599)
[没]順治9(1652)
中国,明末の文人画家。諸曁 (しょき) 県楓橋鎮 (浙江省) の人。字は章侯,号は老蓮,明朝滅亡後は悔遅,勿遅 (もっち) と号した。官吏を出した家系に生れ,自身も科挙に応試したが失敗。崇禎 15 (1642) 年頃,絵をもって供奉を命じられたが辞して帰郷し,放縦な生活をおくった。少年時代より藍瑛に絵の指導を受け,当時すでに孫杖に激賞された。さらに唐,北宋人物画を学び,デフォルメされた形態と線描による奇矯な様式を完成。代表作『宣文君授経図』 (クリーブランド美術館) など。また『西廂記』などの挿絵も描く。詩人としても著名で著書に『宝綸堂集』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陳洪綬【ちんこうじゅ】

中国,明代の画家。浙江省諸曁の人。字は章侯,号は老蓮。当時人物画において,同時代の画家崔子忠(?―1644年)と並んで〈南陳北崔〉と称され,肥痩(ひそう)のない描線を用い,古典の復興を企てた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

陳洪綬の関連キーワード文人画科挙供奉官吏

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android