コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅谷三喜男(読み)スミヤミキオ

デジタル大辞泉の解説

すみや‐みきお〔‐みキを〕【隅谷三喜男】

[1916~2003]経済学者。東京の生まれ。東京帝大を卒業後、満州(中国東北部)の昭和製鋼所で働いた経験をきっかけに労働経済学の研究を始める。帰国後は東大教授、信州大教授などを歴任。平成3年(1991)、成田空港建設をめぐる紛争が激化した際には、有識者らと中立団体「隅谷調査団」を結成して問題解決に尽力した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隅谷三喜男 すみや-みきお

1916-2003 昭和後期-平成時代の経済学者。
大正5年8月26日生まれ。昭和16年満州(中国東北部)の昭和製鋼所にはいる。30年母校東大の教授。52年信州大教授。55年東京女子大学長。64年恵泉女学園理事長。戦後の労働経済学に道をひらいた。世界平和アピール七人委員会委員。社会保障制度審議会会長,日本キリスト教海外協力会会長などもつとめた。平成3年隅谷調査団を結成,成田空港問題の解決に尽力。平成15年2月22日死去。86歳。東京出身。著作に「日本賃労働史論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android