コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隅谷三喜男 スミヤミキオ

2件 の用語解説(隅谷三喜男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すみや‐みきお〔‐みキを〕【隅谷三喜男】

[1916~2003]経済学者。東京の生まれ。東京帝大を卒業後、満州(中国東北部)の昭和製鋼所で働いた経験をきっかけに労働経済学の研究を始める。帰国後は東大教授、信州大教授などを歴任。平成3年(1991)、成田空港建設をめぐる紛争が激化した際には、有識者らと中立団体「隅谷調査団」を結成して問題解決に尽力した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隅谷三喜男 すみや-みきお

1916-2003 昭和後期-平成時代の経済学者。
大正5年8月26日生まれ。昭和16年満州(中国東北部)の昭和製鋼所にはいる。30年母校東大の教授。52年信州大教授。55年東京女子大学長。64年恵泉女学園理事長。戦後の労働経済学に道をひらいた。世界平和アピール七人委員会委員。社会保障制度審議会会長,日本キリスト教海外協力会会長などもつとめた。平成3年隅谷調査団を結成,成田空港問題の解決に尽力。平成15年2月22日死去。86歳。東京出身。著作に「日本賃労働史論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

隅谷三喜男の関連キーワード伊藤冨雄大薗卓長田裕二川瀬源太郎高田ユリ辰沼広吉辻隆野崎貢河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隅谷三喜男の関連情報