隆慶帝(読み)りゅうけいてい(英語表記)Long-qing-di; Lung-ch`ing-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆慶帝
りゅうけいてい
Long-qing-di; Lung-ch`ing-ti

[生]嘉靖16(1537)
[没]隆慶6(1572)
中国,明の第 13代皇帝 (在位 1567~72) 。名は載こう。廟号は穆宗。年号により隆慶帝と呼ばれる。嘉靖帝 (世宗) の第3子。嘉靖 18 (39) 年裕王に封じられ,30歳で即位。世宗が道教に心酔し,政治が弛緩していたので,徐階張居正らを用いて前代弊政を除き,財政の建直しに努めた。隆慶1 (67) 年海禁を開いて人民の海外渡航を許し,同5年にはアルタン (俺答) と和議を結び,大同の馬市を開くなどしたので,北虜南倭の災いはほとんどなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android