コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆慶帝 りゅうけいていLong-qing-di; Lung-ch`ing-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆慶帝
りゅうけいてい
Long-qing-di; Lung-ch`ing-ti

[生]嘉靖16(1537)
[没]隆慶6(1572)
中国,明の第 13代皇帝 (在位 1567~72) 。名は載こう。廟号は穆宗。年号により隆慶帝と呼ばれる。嘉靖帝 (世宗) の第3子。嘉靖 18 (39) 年裕王に封じられ,30歳で即位。世宗が道教に心酔し,政治が弛緩していたので,徐階張居正らを用いて前代弊政を除き,財政の建直しに努めた。隆慶1 (67) 年海禁を開いて人民の海外渡航を許し,同5年にはアルタン (俺答) と和議を結び,大同の馬市を開くなどしたので,北虜南倭の災いはほとんどなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

隆慶帝の関連キーワード楊継盛万暦帝十三陵海瑞廟号穆宗馬市和議

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android