コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北虜南倭 ほくりょなんわBei-lu Nan-wo; Pei-lu Nan-wo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北虜南倭
ほくりょなんわ
Bei-lu Nan-wo; Pei-lu Nan-wo

中国,代に南北から受けた外民族の侵攻。北虜とは明の北辺を侵略したモンゴル人,南倭とは南東沿海地方を略奪した倭寇 (わこう) のこと。正統 14 (1449) 年オイラート (瓦剌) の部長エセン (也先) が北辺に侵入したとき,明は土木堡で大敗したが (→土木の変 ) ,それ以来モンゴル族の侵入は絶えず,明では長城を修築するなどしてこれにそなえた。のちモンゴルではタタール部にダヤン・ハン (達延汗) が出て急速に勢力を拡大し,孫のアルタン (俺答) は嘉靖 21 (1542) 年頃から大挙して明に侵入し,殺戮略奪をほしいままにした。また沿海地方では国初から倭寇の侵略があったが,一時中絶し,嘉靖年間 (22~66) に入ると再び活発化し,華中,華南の沿海地方は大被害を受けた。特にこの後期倭寇は活動が激しく,北虜と並称されて明に対する重大な脅威となった。その構成員はむしろ日本人は少く,中国人が8~9割を占め,武装した密貿易商人の集団で,彼らは明の海禁政策に反抗した。のち彼らは私貿易の公許をかちとり,以後中国人の海外出航貿易は大いに発展するが,一方日本では豊臣秀吉が統一を達成すると倭寇を厳禁したので,ようやくその跡を絶った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほくりょ‐なんわ【北虜南×倭】

15~16世紀、中国の朝を悩ませた外敵、北から侵入したモンゴル族と、東南海岸を荒らした倭寇(わこう)の称。南倭北虜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

北虜南倭【ほくりょなんわ】

中国,明代における南北の外患をさす。北方からはモンゴル人が侵入し,南方の沿岸には倭寇(わこう)が威を振るった。明朝は自由貿易を許さず,朝貢の形式を固執して貿易を制限,ために外国人の不満が高まり,侵入と略奪が繰り返された。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほくりょなんわ【北虜南倭 Běi lǔ Nán wō】

中国,明代に国の南北から受けた外民族による侵寇。北虜とは明を北方から侵略したモンゴル族のこと。南倭とは東南沿海を侵略した倭寇を指す。1449年(正統14),オイラート部のエセンが侵寇して土木の変を引き起こし,明は大きな打撃を受けた。それ以来北辺へのモンゴル族の侵入は絶えず,明は万里の長城を修築してこれに備えた。16世紀半ばにはタタール部のアルタン・ハーンがしきりに中国を侵略し,北京を数十日包囲したこともあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほくりょなんわ【北虜南倭】

中国の明代、北方から侵略したオイラートやタタールのモンゴル族と南方から侵略した倭寇わこう。被害が大きく明朝の基礎が動揺した。南倭北虜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北虜南倭
ほくりょなんわ

中国、明(みん)代後半に南北から受けた外患。モンゴルのダヤン・ハンの子孫グンビリク・メルゲン・ジノン(オルドス部)、アルタン・ハン(トメット部)、クンドレン・ハン(ハラチン部)、トメン・ハン(チャハル部)らは1520年代から約50年間、東は遼東(りょうとう)から西は寧夏(ねいか)までの北辺を寇掠(こうりゃく)し、首都北京(ペキン)が包囲されたこともある。これが北虜である。また南倭とは、ほぼ同じ時期に揚子江(ようすこう)河口以南、福建、広東(カントン)の沿岸地方を寇掠した倭寇(わこう)をいう。しかしこのころのいわゆる後期倭寇の8~9割は中国人で、その性格は密貿易、武装商人的なものであった。北虜南倭に基づく軍事費の負担によって明の国力は消耗し、滅亡の一因となった。[青木富太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北虜南倭の関連キーワード倭寇・倭冦戚継光嘉靖帝隆慶帝

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android