コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北虜南倭 ほくりょなんわ Bei-lu Nan-wo; Pei-lu Nan-wo

6件 の用語解説(北虜南倭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北虜南倭
ほくりょなんわ
Bei-lu Nan-wo; Pei-lu Nan-wo

中国,明代に南北から受けた外民族の侵攻。北虜とは明の北辺を侵略したモンゴル人,南倭とは南東沿海地方を略奪した倭寇 (わこう) のこと。正統 14 (1449) 年オイラート (瓦剌) の部長エセン (也先) が北辺に侵入したとき,明は土木堡で大敗したが (→土木の変 ) ,それ以来モンゴル族の侵入は絶えず,明では長城を修築するなどしてこれにそなえた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほくりょ‐なんわ【北虜南×倭】

15~16世紀、中国の朝を悩ませた外敵、北から侵入したモンゴル族と、東南海岸を荒らした倭寇(わこう)の称。南倭北虜

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北虜南倭【ほくりょなんわ】

中国,明代における南北の外患をさす。北方からはモンゴル人が侵入し,南方の沿岸には倭寇(わこう)が威を振るった。明朝は自由貿易を許さず,朝貢の形式を固執して貿易を制限,ために外国人の不満が高まり,侵入と略奪が繰り返された。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほくりょなんわ【北虜南倭 Běi lǔ Nán wō】

中国,明代に国の南北から受けた外民族による侵寇。北虜とは明を北方から侵略したモンゴル族のこと。南倭とは東南沿海を侵略した倭寇を指す。1449年(正統14),オイラート部のエセンが侵寇して土木の変を引き起こし,明は大きな打撃を受けた。それ以来北辺へのモンゴル族の侵入は絶えず,明は万里の長城を修築してこれに備えた。16世紀半ばにはタタール部のアルタン・ハーンがしきりに中国を侵略し,北京を数十日包囲したこともあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほくりょなんわ【北虜南倭】

中国の明代、北方から侵略したオイラートやタタールのモンゴル族と南方から侵略した倭寇わこう。被害が大きく明朝の基礎が動揺した。南倭北虜。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北虜南倭
ほくりょなんわ

中国、明(みん)代後半に南北から受けた外患。モンゴルのダヤン・ハンの子孫グンビリク・メルゲン・ジノン(オルドス部)、アルタン・ハン(トメット部)、クンドレン・ハン(ハラチン部)、トメン・ハン(チャハル部)らは1520年代から約50年間、東は遼東(りょうとう)から西は寧夏(ねいか)までの北辺を寇掠(こうりゃく)し、首都北京(ペキン)が包囲されたこともある。これが北虜である。また南倭とは、ほぼ同じ時期に揚子江(ようすこう)河口以南、福建、広東(カントン)の沿岸地方を寇掠した倭寇(わこう)をいう。しかしこのころのいわゆる後期倭寇の8~9割は中国人で、その性格は密貿易、武装商人的なものであった。北虜南倭に基づく軍事費の負担によって明の国力は消耗し、滅亡の一因となった。[青木富太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北虜南倭の関連キーワード改土帰流運祚家恩師恩伝え受ける民族的御蔭過税鬼乳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone