コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海禁 かいきんhai-jin; hai-chin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海禁
かいきん
hai-jin; hai-chin

中国,・清時代の中国人の海外渡航貿易を禁止制限する政策。海禁とは下海通蕃 (出海し外国に通交すること) の禁の意味。明では元末から倭寇,海寇の防止策として,洪武4 (1371) 年以来この政策が堅持され,海外諸国には朝貢貿易のみを許していた。しかし中期に禁令がゆるみ,中国人の密船,密貿易が盛んとなり,これを取締ろうとしてかえって嘉靖 (1522~66) の大倭寇を招く結果となり,ついに隆慶1 (67) 年に海禁を解き,海外渡航の緩和策がとられた。清では南明の勢力,特に台湾の鄭氏の活動を押えるため遷界令を出し,海禁は厳重であったが,その平定後に緩和され (84) ,次いで乾隆 22 (1757) 年には再び貿易は広州1港のみに限定して,閉関 (鎖国) 政策がとられた。アヘン戦争の結果,この政策はついに放棄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

海禁【かいきん】

中国,明・清時代に政府が治安維持と密貿易取締りのために行った一種の鎖国体制。明では外国からの貢船が持ち込む貨物の貿易は認めたが,一般の商船には認めず,〈寸板といえども下海を許さず〉が原則であった。
→関連項目海関冊封体制鎖国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいきん【海禁】

海禁とは,〈下海通蕃之禁〉の略称で,通常,中国の明・清時代に,一般中国人の私的な海外渡航や海上貿易を禁止した政策として知られる。海禁は,元末にも一時的に行われていたが,14世紀後半,明の太祖洪武帝のときに本格的に施行された。洪武帝は,中華主義に基づいて周辺諸国の国王冊封関係を結び,貿易関係はそれらの国王との朝貢貿易だけに限り,他方で,国内の人民に対しては,海禁政策をとって彼らの海上進出と外国人との私的な交流を禁止した(1371)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいきん【海禁】

〔「下海通蕃之禁」の略〕
中国で、私的な海外渡航・貿易を禁止する政策。明では倭寇わこう対策の一つとして、清では初期に明の遺王や鄭成功の活動をおさえるために実施した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海禁
かいきん

海上の交通、貿易などに制限を加えること。国内治安を保ち、密貿易を取り締まり、外国との紛争を避けるのを目的とする。中国では、海禁は4世紀以来、何度か行われたが、体制的に完成したのは明(みん)初のことである。明の太祖朱元璋(しゅげんしょう)は1371年、倭寇(わこう)の防御策として通蕃(つうばん)下海の禁令を出し、貢船とその積載する貨物の交易は許すが、民間の商船には認めないことにした。この禁令は厳しく実施されたが、密貿易はやまなかった。ことに嘉靖(かせい)年間(1522~66)には、密貿易を取り締まろうとして、かえって倭寇の大侵入を引き起こし、そのため海禁を緩和せざるをえなかったほどである。清(しん)朝は南明(なんみん)や台湾鄭(てい)氏の活動を封ずるため、遷界令(せんかいれい)を実施して、沿岸の住民を内地に移住させたが、鄭氏降伏後に解除した(1684)。ついで1757年以後、貿易港を広州1港に制限したが、この体制は1842年の南京(ナンキン)条約によって最終的に放棄された。[寺田隆信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海禁の言及

【倭寇】より

…またこのころ東アジアの海域にはじめて姿をあらわしたポルトガル人も倭寇の同類としてあつかわれた。明では太祖以来海禁という一種の鎖国政策をとって中国人が海上で活動するのを禁じていたが,経済の発達につれこの政策の維持は困難になり,多数の海上密貿易者が発生した。彼らは郷紳(きようしん),官豪(かんごう)などとよばれた地方富豪層と結びながらさかんに密貿易を推進した。…

※「海禁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

海禁の関連キーワード明の時代(年表)キリシタン禁制会津屋八右衛門マカオ貿易日朝交渉史琉球貿易南京条約北虜南倭勘合貿易広東貿易南海貿易出会貿易市舶司朱印船戚継光唐人町鄭成功隆慶帝勘合符陳祖義

海禁の関連情報