綺麗事(読み)きれいごと

精選版 日本国語大辞典「綺麗事」の解説

きれい‐ごと【綺麗事】

〘名〙
① 手ぎわよく美しく仕上げること。また、よごさないできれいにすますこと。
※洒落本・自惚鏡(1789)息子株「『お早いの』『おねむふごぜいしょう』『ナニサきれい事さ』」
② 現実を無視して、表面だけを取り繕うこと。体裁を繕うこと。また、体裁ばかりで現実味のない事柄。
※洒落本・通言総籬(1787)二「喜多流のでんがく扇にて、夕日をよけながら、きれいごとにて、ゆうゆうと来る」
※他人の顔(1964)〈安部公房〉灰色のノート「いくらきれいごとを並べてみても」
③ 手などをよごさないですむ、楽な仕事。
※幻談(1938)〈幸田露伴〉「客は上布の着物を着てゐても釣ることが出来ます訳で、まことに綺麗事(キレイゴト)に殿様らしく遣ってゐられる釣です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綺麗事」の解説

きれい‐ごと【×綺麗事】

実情にそぐわない、体裁ばかりを整えた事柄。「もはや綺麗事では済まされない」「綺麗事を並べる」
手際よく美しく仕上げること。
「―でなくってはいけねえから、折角骨を折って詰めさせたに」〈滑・八笑人・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android