コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄山神社 おやまじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

雄山神社【おやまじんじゃ】

雄山(たけやま)権現,立山権現とも。富山県中新川郡立山町岩峅寺(いわくらじ)に鎮座する旧国幣小社。祭神は伊邪那岐(いざなぎ)命。立山崇拝に起源。701年の建立といい,本殿は立山山頂,祈願所は芦峅寺(あしくらじ),前立社壇が岩峅寺にある。
→関連項目雄山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

雄山(おやま)神社

富山県中新川郡立山町にある寺院。祭神は伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、天手力雄神(あめのたぢからおのかみ)。越中国一之宮。立山を神山とする。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄山神社
おやまじんじゃ

富山県中新川(なかにいかわ)郡立山(たてやま)町に鎮座。祭神は天手力男命(あめのたじからおのみこと)、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)。北アルプス立山の山頂にあり、山麓(さんろく)の芦峅寺(あしくらじ)地区には中宮祈願殿、岩峅寺(いわくらじ)地区には前立社壇(本殿は国の重要文化財)がある。立山は『万葉集』にも詠まれ、山岳信仰の中心地として修験者(しゅげんじゃ)の広い信仰を集め、立山権現(ごんげん)ともいわれた。701年(大宝1)、越中(えっちゅう)(富山県)国司佐伯有若(さえきありわか)の子、有頼(ありより)の創祀(そうし)と伝え、『延喜式(えんぎしき)』では小社に列した。旧国幣小社。例祭7月25日。4月8日、前立社壇で、代々の社家佐伯家が奉仕して行われる春祭(古式祭)は有名。秋祭は11月3日。社宝の佐伯有頼木像は国の重要文化財に指定されている。[飯尾直樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雄山神社の言及

【立山】より

…西側には,室堂平,天狗平,弥陀ヶ原といった溶岩台地が広がり,これらの緩斜面の南側に位置する国見岳(2621m)や天狗山(2600m)は立山旧火山のカルデラ壁である。雄山山頂には雄山神社峰本社がある。東側は黒部峡谷を隔てて後立山連峰へと続く。…

※「雄山神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雄山神社の関連キーワード富山県中新川郡立山町芦峅寺富山県中新川郡立山町立山(町)大汝山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄山神社の関連情報