コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲出川 くもずがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲出川
くもずがわ

三重県中部の川。高見山地三峰山に源を発して北東流,津市中部で東へ転じて伊勢平野を横断し,伊勢湾に注ぐ。全長 63km。上流の奥一志峡付近一帯は赤目一志峡県立自然公園に属する。中流は家城ラインと呼ばれる景勝地で,アユやヤマメの釣り場およびスギの美林で知られる。中・下流域は一志米の産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕雲出川(くもずがわ)


三重県中部を流れる川。奈良県境の三峰(みうね)山(標高1235m)に源を発し、北東流して河口部で雲出古(ふる)川を分流。香良洲(からす)の位置する三角州を形成し、津()市香良洲町で伊勢(いせ)湾に注ぐ。1級河川(雲出川水系)。延長55km。流域面積550km2。上流は奥一志(おくいちし)峡・一志峡などの渓谷があり、渓流釣りが盛ん。久居(ひさい)市で1648年(慶安(けいあん)1)開削の雲出井(くもずい)用水を分水する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲出川
くもずがわ

三重・奈良県境の高見(たかみ)山地三峰山(みうねやま)付近を源にし、伊勢(いせ)平野を貫流して伊勢湾に注ぐ川。一級河川。延長55キロメートル、流域面積550平方キロメートル。古来大和(やまと)と南伊勢を結ぶ交通路で、上流に大和榛原(はいばら)から通ずる伊勢本街道の一部が、中・下流は名張(なばり)からの初瀬(はせ)街道(伊勢表街道)が通り、開発の歴史は古い。近世に入って利水も進み、1648年(慶安1)には雲出井(くもずい)用水が完成した。上流部は室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園や赤目一志峡(いちしきょう)県立自然公園に指定され、中流部には峡谷家城(いえき)ラインがある。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雲出川の言及

【白山[町]】より

…人口1万4479(1995)。西部は布引(ぬのびき)山地とその東側斜面の丘陵性山地であるが,南東部には雲出(くもず)川が流れて沖積低地がひらける。古来,大和と伊勢を結ぶ道の要衝にあり,川口には聖武天皇の行宮(あんぐう)が置かれ,随従した大伴家持の歌に〈河口の野辺〉(《万葉集》巻六)と詠われている。…

※「雲出川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲出川の関連キーワード白山(三重県)香良洲[町]白山[町]きげんよし一志[町]三重県津市松阪(市)嬉野[町]津(市)渓流釣り松阪市三角州出世鶴開削室生分流慶安白山三雲美杉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲出川の関連情報