コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子分光法 でんしぶんこうほうelectron spectroscopy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子分光法
でんしぶんこうほう
electron spectroscopy

運動エネルギーをもつ電子のエネルギースペクトルを測定し,種々の物理情報を得ようとする測定法。物質から電子を放出させる照射源によって種々の種類があり,それぞれ異なった情報が得られる。光照射により生じた光電子のエネルギースペクトルを調べる光電子分光法X線照射により生じた内殻よりの光電子を調べる ESCA (化学分析電子分光法) ,電子線の照射により内殻から放出されるオージェ電子を調べるオージェ電子分光法などがあり,非弾性的に散乱される電子のエネルギー損失スペクトルを調べる電子衝撃分光法なども含まれる。原子や固体内の電子状態,結合状態,固体表面の吸着原子の状態などを知ることができ,他方,その結果を利用して分析手段としても使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんしぶんこうほう【電子分光法】

物質から放出される電子のスペクトル(運動量や運動エネルギーの分布)を測定して、物質の状態を調べる方法。励起源として、光や X 線などの電磁波、電子、イオン、励起原子が用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone