電撃傷(感電)(読み)でんげきしょうかんでん(英語表記)Electrical Burn

  • 感電
  • 電撃傷

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 からだの中を電気が通電することによりおこる直接損傷と、電気火花による熱傷(ねっしょう)とがあります。頻度は高くありません。
 家庭内では、電線コンセントプラグなどに触れておこしますが、傷害の範囲は限定されています。ところが、電気関係の仕事で受傷した場合は、高電圧、高電流に触れるため、受傷範囲が広く、重症を負うことが多いのです。
 重傷の場合、通常の熱傷と比べて、見た目よりも深い部位まで傷害を受けること(深達性(しんたつせい))が多く、筋肉、血管、神経などを広く損傷します。狭い範囲でも、損傷が骨に達したり、内部臓器が受傷することもあるので、自己判断せず、医療機関を受診しましょう。
 重要臓器を通電すると即死することもあります。また、通電のショックで高所から転落して、骨折内臓破裂などを合併していることもよくあるため、ただちに総合病院を受診してください。
[治療]
 熱傷に準じます。深達性の電撃傷の場合は、植皮、皮弁(ひべん)、切断などの手術療法が必要になることもよくあります(「電撃傷のときの手当」)。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android