コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気通信網 でんきつうしんもうelectrical communication network

世界大百科事典 第2版の解説

でんきつうしんもう【電気通信網 electrical communication network】

電気通信を行うためには,伝達すべき原情報を電気信号に変換する通信端末装置,変換した電気信号を伝達する伝送路,通信相手までの接続経路を設定したり,その通信に付随するいろいろな通信サービスを実行する交換機の3種類の装置が必要である。これらの装置は互いに有機的に結合されてネットワークを構成している。このネットワークを電気通信網という。図1に電気通信網の基本構成を示す。
[電気通信網の種類]
 電気通信網にもいろいろな種類があり,またいろいろな立場から分類することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電気通信網の関連キーワードサービス総合ディジタル網異常トラヒックITUトラヒック電話交換ISDN信号方式ボツワナAPT回線網下り呼量上り

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電気通信網の関連情報