コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波監理委員会 でんぱかんりいいんかい

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱかんりいいんかい【電波監理委員会】

第2次大戦後,占領下の日本に短期間存在した放送を含む電波担当の行政機関。電波監理委員会設置法に基づき同法施行と同時に1950年6月1日総理府の外局として発足した。公正取引委員会などと同じく内閣総理大臣所轄のもとに独立して職権を行使するいわゆる行政委員会であった。放送を含む電波行政の公正と政治的な中立を確保するための制度的方策として連合国最高司令官総司令部GHQの示唆で設置されたものである。設置法案の作成過程で当時の吉田内閣は委員会の政府からの独立性が強過ぎるとして修正を主張したが,結局マッカーサーの個人的書簡による要請の形をとって総司令部の意向を受け入れることで決着がついた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の電波監理委員会の言及

【放送法】より

…第2次大戦後占領下の1950年6月1日施行。同日施行された電波法電波監理委員会設置法(1952年7月31日廃止)とともに電波三法と称された。放送に関する初の特別法。…

※「電波監理委員会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電波監理委員会の関連キーワード日本版FCC通信放送委員会放送史(年表)抜山 平一富安 風生ラジオ放送民間放送放送法ラジオ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電波監理委員会の関連情報