コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霜多正次 シモタセイジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霜多正次 しもた-せいじ

1913-2003 昭和後期-平成時代の小説家,評論家。
大正2年9月5日生まれ。第二次大戦後,新日本文学会にはいる。米軍占領下の沖縄をえがいた長編「沖縄島」で昭和32年毎日出版文化賞。新日本文学会をはなれ,40年日本民主主義文学同盟設立につくす。46年「明けもどろ」で多喜二・百合子賞。平成15年4月16日死去。89歳。沖縄県出身。東京帝大卒。旧姓は島袋。評論に「文学と現代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜多正次
しもたせいじ
(1913―2003)

小説家。沖縄県に生まれる。旧姓島袋。東京帝国大学英文科卒業。第二次世界大戦後、南方から復員して、民主主義文学運動に参加した。戦争体験と沖縄の民族的な解放運動に立脚した作品を書き続け、『沖縄島(じま)』(1956~57)で毎日出版文化賞、平和文化賞を、また『明けもどろ』(1969~70)で多喜二(たきじ)・百合子(ゆりこ)賞を受賞した。64年に新日本文学会を除名され、日本民主主義文学同盟設立に尽力した。84年意見の対立から「民主文学」を離れ、「葦牙(あしかび)」同人となり『南の風』などを発表した。ほかに評論として『私の戦後思想史』『文学と思想』などがある。[伊豆利彦]
『霜多正次全集刊行委員会編『霜多正次全集』全5巻(1997~2000・沖積舎) ▽『沖縄島』上下(新日本出版社・新日本文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

霜多正次の関連キーワード霜多 正次評論家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android