コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毬藻 マリモ

大辞林 第三版の解説

まりも【毬藻】

緑藻類シオグサ目の淡水藻。北海道の阿寒湖・塘路とうろ湖などに自生。分枝をもつ細い細胞糸が中心から放射状に出、互いにからみ合って球形になる。阿寒湖のものは特別天然記念物に指定。山梨県山中湖のフジマリモは近縁、青森県左京沼のヒメマリモはよく似ているが別種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

毬藻の関連キーワード阿寒湖畔温泉クラストル淡水藻放射状分枝別種阿寒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毬藻の関連情報