毬藻(読み)マリモ

大辞林 第三版の解説

まりも【毬藻】

緑藻類シオグサ目の淡水藻。北海道の阿寒湖・塘路とうろ湖などに自生。分枝をもつ細い細胞糸が中心から放射状に出、互いにからみ合って球形になる。阿寒湖のものは特別天然記念物に指定。山梨県山中湖のフジマリモは近縁、青森県左京沼のヒメマリモはよく似ているが別種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毬藻の関連情報