コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毬藻 マリモ

2件 の用語解説(毬藻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まり‐も【×毬藻】

シオグサ科の緑藻。淡水にみられ、濃緑色の糸状体が絡んで球形をしている。昼は湖面に浮上し、夜は沈む。北海道阿寒湖のものは特別天然記念物。近縁に青森県左京沼のヒメマリモ、山梨県山中湖河口湖のフジマリモなどがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まりも【毬藻】

緑藻類シオグサ目の淡水藻。北海道の阿寒湖・塘路とうろ湖などに自生。分枝をもつ細い細胞糸が中心から放射状に出、互いにからみ合って球形になる。阿寒湖のものは特別天然記念物に指定。山梨県山中湖のフジマリモは近縁、青森県左京沼のヒメマリモはよく似ているが別種。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone