コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青田売り アオタウリ

デジタル大辞泉の解説

あおた‐うり〔あをた‐〕【青田売り】

稲の収穫前に、その田の収穫量を見越して先売りすること。 夏》「せんすべもなくてわらへり―/楸邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青田売り【あおたうり】

農家が稲の刈入れ前に青田のまま収穫を見越して先売りすること。売却先はおもに米穀商や肥料商で,金の前借りをして不当に買いたたかれる場合が多かった。戦前の農村で広く見られ,播種前に売る黒田売りもあり,また野菜や果樹についても行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

不動産用語辞典の解説

青田売り

未完成の建物を販売することを「青田売り」といいます。
新築マンションや一戸建ての分譲では、この青田売りが主流となっています。宅建業法では、「広告開始時期の制限」として建築確認取得前に青田売りの広告を出すことを禁止しており、また、契約時には建物が完成していないため、「工事完了時における形状・構造等」を書面で説明することが義務付けられています。青田売りの場合には、実際の設備や仕様等をモデルルームや図面で確認することになります。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あおたうり【青田売り】

経済的に困った農民が青田の時期に収穫を見越して先売りすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

青田売りの関連キーワードカイ・フン建売住宅青田買い農民

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android