コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革細工 かわざいく

世界大百科事典 第2版の解説

かわざいく【革細工】

動物の皮は表皮と真皮からなり,革細工に使われるのはその真皮層である。真皮はなめしの工程を経ると革と呼ばれる。皮の種類となめし法によって多種多様の条件と可能性をもつ革が作られる((革))。すなわち真皮層はタンパク質の一種であるコラーゲンを主体とし,束状の繊維が入り組んで網状の構造となっているが,各種のなめし剤は繊維とその間隙に浸透して,それにより硬い,柔らかいなど種々の状態をもつ革を得ることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

革細工の関連キーワードクリスピヌスとクリスピニアヌスマレーオオトカゲ済寧(さいねい)レザークラフトパルチザンスクポルト・ノボ後ウマイヤ朝トレムセン姫路(市)筒乱屋紫笛ニジェールカイルアン不可触民金唐革紙大蜥蜴磐石糊ビール兵庫県金唐革ヘビ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

革細工の関連情報