コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓天寿 かん

4件 の用語解説(韓天寿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

韓天寿

江戸中期の書画家。伊勢松坂生。通称は中川長四郎、天寿は名、字を大年、号は酔晋斎。松下烏石に文徴明風の書を学び、のち王羲之王献之の書を研究して世に現れる。池大雅・高芙蓉と親しく交遊する。また、篆刻にも優れていた。寛政7年(1795)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

韓天寿 かん-てんじゅ

1727-1795 江戸時代中期の書家,篆刻(てんこく)家。
享保(きょうほう)12年生まれ。松下烏石(うせき)に文徴明の書風をまなび,沢田東江のすすめで王羲之(ぎし),王献之を研究して一家をなした。また古篆の研究と著述もした。寛政7年3月23日死去。69歳。京都出身。姓は中川。名は天寿(たかかず)。字(あざな)は大年。通称は長四郎。別号に酔晋斎。著作に「古帖集覧」「古篆彙」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓天寿
かんてんじゅ

[生]享保12(1727).京都
[没]寛政7(1795).2.23. 伊勢,松坂
江戸時代中期~後期の書家,画家。本姓は青木,名は天寿 (たかかず) ,字は大年,号は酔晋斎。松坂の豪商中川家の養子となり通称中川長四郎。青木夙夜 (しゅくや) といとこで,ともに馬韓の余璋王の子孫といい,夙夜は余を,天寿は韓を別姓とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓天寿
かんてんじゅ
(1727―1795)

江戸中期の書家、画家、篆刻(てんこく)家。通称は中川長四郎、伊勢(いせ)(三重県)松阪の人。名を天寿(てんじゅ)(「たかかず」とも)といい、自ら韓国余璋王の子孫と称して韓氏を名のった。江戸に出て、まず松下烏石(うせき)に文徴明(ぶんちょうめい)の書法を、ついで沢田東江(とうこう)の指導を受けて、王羲之(おうぎし)・王献之(おうけんし)父子の書法研究に没頭、しだいにその名を広めていった。晋(しん)代の羲之に心酔したことから、酔晋斎(すいしんさい)と号した。池大雅(いけのたいが)、高芙蓉(こうふよう)と交遊、ともに富士山、立山、白山に登り、三岳道者とも号する。一方、南画(とくに水墨画)、篆刻にも秀で、広く風雅の道に通じた。とりわけ、双鈎(そうこう)(模写)に巧みで、自ら収集した数多くの古法帖(ほうじょう)の模刻にいそしんだ。その法帖は『酔晋斎法帖』とよばれる。墓所は三重県松阪市の清光寺にある。[神崎充晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓天寿の関連キーワード荒木維岳高頤斎島篆癖滕永孚細井竹岡本目親辰松井半平松原素元山地芙蓉猨山叡麓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone