コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頬部腫脹(頬の腫れ) きょうぶしゅちょうほおのはれ

家庭医学館の解説

きょうぶしゅちょうほおのはれ【頬部腫脹(頬の腫れ)】

 頬の腫れは外傷(がいしょう)、炎症(顔面軟部(がんめんなんぶ)の蜂巣織炎(ほうそうしきえん))、嚢胞性疾患(のうほうせいしっかん)(歯根嚢胞(しこんのうほう)、術後性上顎嚢胞(じゅつごせいじょうがくのうほう)など)、良性腫瘍(りょうせいしゅよう)(「鼻の良性腫瘍」)、悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(上顎洞(じょうがくどう)がん(「鼻のがん」))などが原因でおこります。
 蜂巣織炎(「蜂巣炎(蜂窩織炎)」)は、むし歯からおこることが多く、頬が腫れて、押すと痛みます。原因菌は、おもにブドウ球菌(きゅうきん)、インフルエンザ菌で、抗生物質の使用で治ります。
 術後性上顎嚢胞(「術後性上顎嚢胞」)は、過去に上顎の手術を受けた人におこり、頬の腫れに痛みをともないます。再発をくり返すときは、手術が必要です。
 歯根嚢胞は、むし歯などの歯根部の炎症でおこり、嚢胞の摘出(てきしゅつ)と抜歯(ばっし)が必要です。
 上顎がんは、初期は無症状で、やがて歯痛、流涙、血性鼻漏、頬部の腫脹や疼痛がおこり、その後に眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)、眼球運動障害、複視(ふくし)、視力障害(しりょくしょうがい)、開口障害(かいこうしょうがい)などが出ます。
 症例に応じて、手術、放射線、抗がん剤で治療します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android