コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭部浅在性白癬 とうぶせんざいせいはくせんtrichophytia superficialis capillitii; tinea capitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭部浅在性白癬
とうぶせんざいせいはくせん
trichophytia superficialis capillitii; tinea capitis

俗にしらくもという。白癬菌の感染によって頭部に大小の円形の境界鮮明な落屑性の病変が生じる皮膚疾患。その部の毛髪は折れやすく,容易に脱毛するので,脱毛斑が形成される。発赤などの炎症症状を欠き,自覚症状もない。かつて男児に多発したが,長髪化に伴って近年は激減した。 (→白癬 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の頭部浅在性白癬の言及

【しらくも】より

皮膚真菌症の一つ。医学的には頭部浅在性白癬(はくせん)tinea capitisという。真菌の一種である皮膚糸状菌が被髪頭部に感染して発症する皮膚疾患。…

※「頭部浅在性白癬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頭部浅在性白癬の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名経口抗真菌剤ケルスス禿瘡皮膚真菌症はたけ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android