コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭部浅在性白癬 とうぶせんざいせいはくせんtrichophytia superficialis capillitii; tinea capitis

1件 の用語解説(頭部浅在性白癬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭部浅在性白癬
とうぶせんざいせいはくせん
trichophytia superficialis capillitii; tinea capitis

俗にしらくもという。白癬菌の感染によって頭部に大小の円形の境界鮮明な落屑性の病変が生じる皮膚疾患。その部の毛髪は折れやすく,容易に脱毛するので,脱毛斑が形成される。発赤などの炎症症状を欠き,自覚症状もない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の頭部浅在性白癬の言及

【しらくも】より

皮膚真菌症の一つ。医学的には頭部浅在性白癬(はくせん)tinea capitisという。真菌の一種である皮膚糸状菌が被髪頭部に感染して発症する皮膚疾患。…

※「頭部浅在性白癬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone