コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕智 けんち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

顕智 けんち

1226-1310 鎌倉時代の僧。
嘉禄(かろく)2年生まれ。浄土真宗比叡(ひえい)山で10年修行。のち下野(しもつけ)(栃木県)高田の専修(せんじゅ)寺で親鸞(しんらん)の弟子の真仏にまなぶ。ついで親鸞に師事,東国などで布教につとめる。正嘉(しょうか)2年真仏の跡をつぎ,専修寺3世となる。親鸞の没後,覚信尼らと京都の大谷廟堂造営につくした。延慶(えんきょう)3年7月4日死去。85歳。法名ははじめ賢順

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんち【顕智】

鎌倉後期の浄土真宗高田派の僧。生没年不詳。幼時に富士山の天池の辺で見つけられたという奇譚を伝えるが,出自などは明らかでない。比叡山の東塔で覚賢に師事し,賢順と称した。そののち浄土真宗の祖親鸞が東国にいたころ,その弟子で下野高田の専修寺の真仏について浄土の義を習い,また親鸞からも面授を受けて顕智と改め,師が帰洛したのちも上洛して徳化に浴し,奥州などにも教化したという。1258年(正嘉2)真仏の隠遁によって,専修寺の3世となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

顕智の関連キーワード専修寺(栃木県)高田山専修寺鎌倉時代末灯鈔会式嘉禄覚猷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android