コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕智 けんち

2件 の用語解説(顕智の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

顕智 けんち

1226-1310 鎌倉時代の僧。
嘉禄(かろく)2年生まれ。浄土真宗。比叡(ひえい)山で10年修行。のち下野(しもつけ)(栃木県)高田の専修(せんじゅ)寺で親鸞(しんらん)の弟子の真仏にまなぶ。ついで親鸞に師事,東国などで布教につとめる。正嘉(しょうか)2年真仏の跡をつぎ,専修寺3世となる。親鸞の没後,覚信尼らと京都の大谷廟堂造営につくした。延慶(えんきょう)3年7月4日死去。85歳。法名ははじめ賢順。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

けんち【顕智】

鎌倉後期の浄土真宗高田派の僧。生没年不詳。幼時に富士山の天池の辺で見つけられたという奇譚を伝えるが,出自などは明らかでない。比叡山の東塔で覚賢に師事し,賢順と称した。そののち浄土真宗の祖親鸞が東国にいたころ,その弟子で下野高田の専修寺の真仏について浄土の義を習い,また親鸞からも面授を受けて顕智と改め,師が帰洛したのちも上洛して徳化に浴し,奥州などにも教化したという。1258年(正嘉2)真仏の隠遁によって,専修寺の3世となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

顕智の関連キーワード真慧上人随念真導常磐井尭熙宝如上人卜半瑞山涌蓮専修寺高田派慧海(1)鳥居雅楽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone