コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丈草 ジョウソウ

百科事典マイペディアの解説

丈草【じょうそう】

江戸中期の俳人。本名本常。別号仏幻庵,懶窩等。尾張犬山藩士であったが,1688年病気を理由に致仕,上洛,去来と交わり,翌年芭蕉の門に入った。20歳ごろから禅に傾倒し,句風は高潔洒脱(しゃだつ)。
→関連項目風俗文選

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうそう【丈草】

1662‐1704(寛文2‐宝永1)
江戸前期の俳人。姓は内藤,名は本常,通称は林右衛門。仏幻庵,懶窩(らんか)などの別号がある。元尾張犬山藩士。10歳のころ俳諧に親しみ,20歳ころから禅に傾倒する。1688年(元禄1)8月,病気を理由に致仕(異母弟に家督を譲るためとも伝える)。すでに1686年(貞享3)冬には芭蕉に句を送り指導を請うていたが,致仕後は京に出,幼なじみの史邦(ふみくに)の紹介で去来と親交を結ぶ。91年刊の去来・凡兆撰《猿蓑(さるみの)》には跋文を草し,蕉門俳壇の中でしだいに重きをなし,芭蕉の信頼も得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丈草
じょうそう

内藤丈草」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丈草
じょうそう
(1662―1704)

江戸前期の俳人。内藤氏。通称林右衛門。名は本常。別号仏幻庵(ぶつげんあん)、懶窩(らんか)、無懐、無辺、一風、太忘(たいぼう)軒など。尾張(おわり)犬山藩士で、青年時には漢詩を学び禅にも通じた。1688年(元禄1)病弱のため致仕、ついで遁世(とんせい)した。中村史邦(ふみくに)を頼り上洛(じょうらく)し、彼の紹介で芭蕉(ばしょう)に入門。数年で『猿蓑(さるみの)』(1691)に発句(ほっく)12句が入集(にっしゅう)し、跋(ばつ)を書くほどの実力を発揮した。93年には近江(おうみ)に移り、無名庵に住し、翌年芭蕉の終焉(しゅうえん)の枕頭(ちんとう)で「うづくまる薬の下の寒さ哉(かな)」の秀吟を詠んだことは著名である。師逝去後は3年の喪に服すことを決意し、『寝ころび草』を書き、ついで96年には義仲(ぎちゅう)寺の近く竜ヶ岡に仏幻庵を結び、清閑と孤独を愛した。1700年(元禄13)には郷里に帰省。帰庵後は病がちで閉関の誓いをたて、師追福の法華経(ほけきょう)千部の読誦(どくじゅ)、一字一石の経塚を発願(ほつがん)し、これを果たして翌元禄(げんろく)17年春2月24日に没した。篤実な性格で、清閑な境地を愛したが、一面洒脱(しゃだつ)でたくまざるユーモアがあった。追善集に『幻之庵(まぼろしのいお)』『鳰法華(におほっけ)』(七回忌)がある。[雲英末雄]
 郭公(ほととぎす)鳴や湖水のさゝにごり
『市橋鐸著「内藤丈草」(『俳句講座2 俳人評伝 上』所収・1958・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

丈草 (コモクサ)

植物。イグサ科の多年草,薬用植物。イの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の丈草の言及

【蕉門十哲】より

…許六の〈師の説〉に〈十哲の門人〉と見えるが,だれを数えるかは記されていない。その顔ぶれは諸書により異同があるが,1832年(天保3)刊の青々編《続俳家奇人談》に掲げられた蕪村の賛画にある,其角,嵐雪,去来,丈草,許六(きよりく),杉風(さんぷう),支考,野坡(やば),越人(えつじん),北枝(各項参照)をあげるのがふつうである。【石川 八朗】。…

※「丈草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丈草の関連キーワード俳句(文学)2月24日野田別天楼蕉門の十哲向井去来蕉門十哲堀部魯九続猿蓑市橋鐸明日葉風巻朧月朝霜季語根芹撞木花筵雨蛙さび精霊

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android