コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風土記の丘 ふどきのおか

2件 の用語解説(風土記の丘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふどきのおか【風土記の丘】

1966年から文化庁が実施している広域的史跡保存整備事業。設置要項によれば,〈各地方における伝統ある歴史的・風土的特性をあらわす古墳,城跡などの遺跡等が多く存在する地域の広域保存と環境整備を図り,あわせてこの地域に地方文化の所産としての歴史資料,考古資料,民俗資料を収蔵,展示するための資料館の設置等を行い,もって,これらの遺跡および資料等の一体的な保存および普及活用を図ることを目的とする〉とある。史跡整備と資料館の二本立てで遺跡と遺物をともに公開しようとするものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風土記の丘
ふどきのおか

古墳や城跡(すべて国指定史跡)などその地域の歴史や風土の特性をよく表す遺跡が多くある地域を広域にわたって指定して、保存と環境整備をし、さらに資料館を設けてその地域の歴史、考古、民俗等の資料を収蔵・展示して、遺跡や資料の一体的な保存と普及活用を図るために設けられた遺跡地域をいう。いま設けられているものには、西都原(さいとばる)(宮崎)、さきたま(埼玉)、紀伊(和歌山)、近江(おうみ)(滋賀)、立山(たてやま)(富山)、吉備路(きびじ)(岡山)、八雲(やくも)立つ(島根)、房総(千葉)、みよし(広島)、宇佐(大分)などがあり、近江(特別史跡安土(あづち)城跡と古墳群)と立山(立山信仰の中心地)のほかはすべて古墳群の整備が中心となっている。これらは遺跡の所在する都道府県が設けて、それぞれの教育委員会が管理にあたっている。風土記の丘事業は1966年(昭和41)に始められたが、60年代後半から急進した日本経済の高度成長に伴う国土開発による遺跡や歴史的景観の破壊防止をねらったものであった。その用地には、古墳・城跡などの遺跡のある自然環境が保たれている地域があてられ、16.5万平方メートル(5万坪)以上が公有地化して確保されている。核となる遺跡は正確に修復され、その環境にはその地方特有の風土が表されるように考えられ、歩道や標識、説明板を設け、植栽も施す。資料館の規模や構造、建築意匠は、収蔵展示物の内容や周囲の風致や景観にマッチするように考えられ、その地方の歴史や風土色が表れている民家も移築するようにしている。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の風土記の丘の言及

【西都原古墳群】より

…なお唯一の横穴式石室墳として,円墳の鬼窟屋(おにのいわや)古墳がある。当古墳群は5世紀および6世紀の大古墳群として,1952年特別史跡に,また69年特別史跡公園〈風土記の丘〉第1号に指定された。【川西 宏幸】。…

※「風土記の丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

風土記の丘の関連キーワード文化庁世界文化遺産ABC調査秩禄奉還関西広域連合広域分化作用慣行農法支庁制度改革無料低額診療事業補償金請求権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風土記の丘の関連情報