飛騨一宮水無神社(読み)ひだいちのみやみなしじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「飛騨一宮水無神社」の解説

飛騨一宮水無神社
ひだいちのみやみなしじんじゃ

岐阜県高山市一之宮町(旧大野郡宮村)に鎮座。この地は、高山市中心部を流れる宮川の上流にあたり、近くにはJR高山本線飛騨一ノ宮駅がある。祭神は御歳大神(みとしのおおかみ)、天火明命(あめのほあかりのみこと)、神武(じんむ)天皇、応神(おうじん)天皇、ほか84柱。創建年代はつまびらかではないが、社伝では成務(せいむ)天皇の御世と伝える。867年(貞観9)従(じゅ)五位上、881年(元慶5)従四位上を授けられた。『延喜式(えんぎしき)』神名帳に登載され、のち飛騨国の総社を兼ねる一宮(いちのみや)となる。旧国幣小社。5月1、2日の例祭には、神代(じんだい)踊、鶏闘楽(けいとうがく)、獅子(ししまい)などの芸能が奉納され、どぶろく酒が参詣(さんけい)者にふるまわれる。

[白山芳太郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「飛騨一宮水無神社」の解説

ひだいちのみや‐みなしじんじゃ【飛騨一宮水無神社】

岐阜県高山市一ノ宮町にある神社。旧国幣小社。祭神は御歳大神(みとしのおおかみ)ほか一四柱。成務天皇の時代の創立と伝えられる。五月一、二日の例祭は宮祭、宮の節供といわれ、無形文化財の獅子舞はじめ古式を伝えている。飛騨国一の宮。飛騨総社。水無神社。水無さん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「飛騨一宮水無神社」の解説

飛騨一宮水無神社【ひだいちのみやみなしじんじゃ】

岐阜県大野郡宮村(・高山市)に鎮座。旧国幣小社。水無神をまつる。成務天皇の時の創建と伝える。延喜式内社とされ,飛騨国の一宮。例祭には当日神幸式があり,神代踊・闘鶏楽・獅子(しし)舞が行われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「飛騨一宮水無神社」の解説

ひだいちのみやみなし‐じんじゃ【飛騨一宮水無神社】

岐阜県高山市にある神社。祭神には御歳大神みとしのおおかみほか一四神を、水無大神と総称して祭っている。水無神社。飛騨国一の宮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「飛騨一宮水無神社」の解説

飛騨一宮水無(みなし)神社

岐阜県高山市にある神社。延喜式内社。祭神は水無大神。飛騨国一之宮。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android