コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道炎・食道潰瘍 しょくどうえんしょくどうかいよう

1件 の用語解説(食道炎・食道潰瘍の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

しょくどうえんしょくどうかいよう【食道炎・食道潰瘍】

《どんな病気か?》
〈胃液の逆流で起こるが、無症状のことも多い〉
 食道炎(しょくどうえん)はおもに、胃液(塩酸)が逆流し、その刺激で食道に炎症が起こる病気です。胃液からの攻撃を粘膜(ねんまく)で防御している胃とはちがい、食道はあまり酸には強くないのです。
 胃の入り口を噴門(ふんもん)と呼びますが、年をとって噴門部がゆるんだり、肥満や妊娠などで腹圧が上昇すると逆流が起こりやすくなります。胃の手術で噴門を摘出(てきしゅつ)した人も同様です。
 胃液の逆流以外にもまれに、魚の骨が刺さり、その傷から細菌に感染したり、薬のカプセルが食道にひっかかって溶け、その刺激で起こることもあります。
 食道炎になると、食道の粘膜が赤くなり、腫(は)れたりただれたりします。痛みや飲み込みにくさを感じることもありますが、無症状のケースもあります。
 さらにひどくなると、粘膜の一部がこわれてなくなり、えぐれたような病変ができます。これが食道潰瘍(しょくどうかいよう)の原因の大半です。
《関連する食品》
食物繊維や脂身など、消化に悪いもので症状が悪化〉
○栄養成分としての働きから
 食道炎や食道潰瘍には、消化のよいものを食べるのがいちばんです。食物繊維の多いものや肉の脂身(あぶらみ)など、消化しにくいものを食べると、いつまでも胃に食べものが残り、内圧があがって逆流しやすくなるからです。
 食道の粘膜を保護する作用のあるビタミンAやE、コラーゲンを生成して粘膜をまもるCを消化しやすい食品から積極的にとるようにしましょう。ビタミンA(レチノール)を含む食品にはレバーウナギチーズなどがあります。カボチャニンジンなどの緑黄色野菜にはビタミンA(カロテン)が含まれています。
 ビタミンCはくだものに多く含まれますが、すっぱいものは胃液の分泌(ぶんぴつ)をうながすので、ジャガイモやカボチャなどからとるようにします。ビタミンEはナッツ類に豊富ですが、消化のよいキンメダイサンマなどからとるほうがいいでしょう。
 また、ビタミンUには、粘膜の修復・保護作用があるので有効です。
 ビタミンUを含むキャベツアスパラガスなどをやわらかくゆでてポタージュなどにして食べます。
 胃液の逆流を減らすためには、1回の食事量を減らし、寝る前3時間以内の飲食はやめ、脂肪の多い食事やアルコールコーヒーなど刺激物もひかえるようにしましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

食道炎・食道潰瘍の関連キーワード逆流静脈弁何心地不死身プリマドンナ病は気から地磁気の逆転呑酸胃液分泌異常食道逆流

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone