飯坂[温泉](読み)いいざか

百科事典マイペディアの解説

飯坂[温泉]【いいざか】

福島県福島市に属し,阿武隈川の支流摺上(すりかみ)川に沿う。単純泉。37〜72℃。鳴子秋保(あきう)とともに奥州三名湯に数えられた。江戸時代には鯖湖湯など5,6ヵ所の温泉があって,飯盛女を置く旅籠(はたご)屋もあった。1689年松尾芭蕉が当地に宿泊している。右岸の飯坂,左岸の湯野の2地区に分かれる。大鳥公園,医王寺がある。福島市街から電車,バスが通じる。
→関連項目福島[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いいざか【飯坂[温泉]】

福島県福島市の中心市街地の北方約10kmにある温泉。阿武隈川の支流摺上(すりかみ)川が福島盆地に出る谷口の河岸段丘上に位置する。源泉は摺上川の谷口付近,および支流赤川沿いにあり,泉温は赤川沿いのものが最も高く78~80℃にもなり,谷口に近い摺上川沿いが最も低く20℃前後。泉質はボウ硝泉または単純泉。秋保(あきう),鳴子とともに奥州三名湯として知られ,芭蕉も《おくのほそ道》の旅で1689年(元禄2)にこの温泉を訪れている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android