コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚桃葉 いいづか とうよう

美術人名辞典の解説

飯塚桃葉

江戸時代後期の蒔絵師。江戸生。通称源六、号は観松斎。阿波藩藩工として召抱えられ、江戸檜物町の藩邸に住んだ。印籠蒔絵に精巧な技法を発揮、絵にもその才をあらわした。代表作に「宇治川蛍蒔絵料紙硯箱」「朝日群鶴図」等がある。生没年不詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

飯塚桃葉【いいづかとうよう】

江戸中期の印籠蒔絵(いんろうまきえ)師。通称源六,観松斎と号す。蜂須賀重喜に召しかかえられ,江戸に住んだ。豪華な蒔絵のほか,墨絵を思わせる研(とぎ)切蒔絵なども制作。
→関連項目漆器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯塚桃葉 いいづか-とうよう

?-? 江戸時代中期の蒔絵(まきえ)師。
明和(1764-72)のころ阿波(あわ)徳島藩蜂須賀(はちすか)重喜にかかえられ,江戸藩邸にすんだ。印籠(いんろう)蒔絵師として知られた。子孫も代々同藩につかえ,観松斎と号した。江戸出身。通称は源六。作品に「宇治川蛍蒔絵料紙硯箱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飯塚桃葉

生年:生没年不詳
江戸後期の蒔絵師。通称を源六,名を秀久といい,観松斎を号する。『蒔絵師伝・塗師伝』には,明和(1764~72)のころ,桃葉が阿波徳島10代藩主の蜂須賀重喜に召されて,下駄に蒔絵をするように依頼されたが,それを礼を失するものとして峻拒したこと,その気骨のある姿が重喜に気に入られ,同家お抱えの蒔絵師に取り立てられたこと,などが記されており,その人となりを垣間見せる逸話となっている。桃葉は本来印籠蒔絵師であり,高蒔絵に金貝や切金を併用した精細かつ華麗な作風で知られる。今日でも桃葉作とされる印籠が各地に伝えられているが,「鶏蒔絵印籠」「葦鷺蒔絵印籠」(いずれも東京国立博物館蔵)などはそれらを代表する優品といえよう。なお宮内庁には,蜂須賀家から皇室に献上された「宇治川蛍蒔絵料紙硯箱」が収蔵されており,硯箱の身の側面に「観松斎 桃葉造」の銘が蒔絵で記されている。

(小松大秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いいづかとうよう【飯塚桃葉】

江戸後期の印籠蒔絵師。生没年不詳。通称は源六,号は観松斎。明和年間(1764‐72)に阿波の蜂須賀重喜に六石三人扶持で召し抱えられ,江戸中橋檜物町の藩邸に住む。蜂須賀侯より下駄に蒔絵を施す下命を断る硬骨漢である反面,詩歌をよくした文人。風情ある格調高い作風を示し,代表作には《宇治川蛍蒔絵料紙硯箱》(宮内庁)がある。彼の子孫は蜂須賀侯に仕え,観松斎の号を踏襲している。【郷家 忠臣】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯塚桃葉
いいづかとうよう

江戸時代後期の蒔絵師。江戸の人。通称源六,観松斎と号し子孫も同号を用いる。印籠蒔絵に長じ,蜂須賀重喜にかかえられ江戸藩邸内に住んだ。明和1 (1764) ~安永1 (72) 年頃の作品が残り,『宇治川蛍蒔絵料紙硯箱』 (宮内庁三の丸尚蔵館) が代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android