コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯鮨 イイズシ

3件 の用語解説(飯鮨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いい‐ずし〔いひ‐〕【×鮨】

塩をして熟(な)らしたサバアユなどに、塩飯を詰めて元の形にもどし、積み重ねて数日から1か月間熟成させた。生成(なまな)り。生熟(なまな)れ。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いずし【飯鮨】

なれずしのうち、塩漬けにした魚を飯および麹(こうじ)とともに漬け込み、乳酸発酵させたもの。多くの場合、野菜を一緒に漬け込み、発酵した米をつけたまま、野菜とともに食べる。北海道・東北で鮭・にしんなどを用いたものが、北陸でぶり・さばなどを用いたものが作られ、特に、石川・金沢のかぶらずし、秋田のはたはたずしなどが知られる。⇒なれずし

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いいずし【飯鮨】

押し鮨の一種。飯に松茸まつたけ・筍たけのこ・鱧はもなどをのせて押したもの。
江戸末期以降、それまで魚介類を漬けた酢飯を、鮨の主材に用いるようになったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯鮨の関連キーワード塩魚鹹魚塩物鮑魚腐れ鮨柴漬燻製魚生馴れ/生熟れ馴れ鮨/熟れ鮨/馴れ鮓/熟れ鮓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone