コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯鮨 イイズシ

デジタル大辞泉の解説

いい‐ずし〔いひ‐〕【×鮨】

塩をして熟(な)らしたサバアユなどに、塩飯を詰めて元の形にもどし、積み重ねて数日から1か月間熟成させた。生成(なまな)り。生熟(なまな)れ。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いずし【飯鮨】

なれずしのうち、塩漬けにした魚を飯および麹(こうじ)とともに漬け込み、乳酸発酵させたもの。多くの場合、野菜を一緒に漬け込み、発酵した米をつけたまま、野菜とともに食べる。北海道・東北で鮭・にしんなどを用いたものが、北陸でぶり・さばなどを用いたものが作られ、特に、石川・金沢のかぶらずし、秋田のはたはたずしなどが知られる。⇒なれずし

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いいずし【飯鮨】

押し鮨の一種。飯に松茸まつたけ・筍たけのこ・鱧はもなどをのせて押したもの。
江戸末期以降、それまで魚介類を漬けた酢飯を、鮨の主材に用いるようになったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飯鮨の関連キーワード押し鮨酢飯主材

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android