コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯鮨 イイズシ

デジタル大辞泉の解説

いい‐ずし〔いひ‐〕【×鮨】

塩をして熟(な)らしたサバアユなどに、塩飯を詰めて元の形にもどし、積み重ねて数日から1か月間熟成させた。生成(なまな)り。生熟(なまな)れ。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いずし【飯鮨】

なれずしのうち、塩漬けにした魚を飯および麹(こうじ)とともに漬け込み、乳酸発酵させたもの。多くの場合、野菜を一緒に漬け込み、発酵した米をつけたまま、野菜とともに食べる。北海道・東北で鮭・にしんなどを用いたものが、北陸でぶり・さばなどを用いたものが作られ、特に、石川・金沢のかぶらずし、秋田のはたはたずしなどが知られる。⇒なれずし

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いいずし【飯鮨】

押し鮨の一種。飯に松茸まつたけ・筍たけのこ・鱧はもなどをのせて押したもの。
江戸末期以降、それまで魚介類を漬けた酢飯を、鮨の主材に用いるようになったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飯鮨の関連キーワード押し鮨酢飯主材

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android